2012/8/8

CARNHILL  プロオーディオ

 オールドNEVEをレストアしたりクローンを作る際、部品調達が困難な上もっとも肝になる部品がトランスです。MARINAIRやST.IVES、BELCLEREなどビンテージトランスはもはや新品を手に入れることはできませんし、中古品もオークションなどで高値で取引されています。
 しかし実際には現行品として1073や1272のクローンが作られているのですが、そこで使われているトランスがCARNHILLです。先日Geoff Tannerのフォーラムを覘いたところ、CARNHILLの話題が出ていました。考える事は皆同じで、MARINAIR、ST.IVESと現行品のCARNHILLの違いについての質問に対し、丁寧な説明がありました。Geoff曰く、ST.IVESはCARNHILL社の一部門だそうで、その血筋を受け継いでいるそうです。だから現行品のCARNHILLをNEVEクローンに代用する事に不思議はないのですが、ここには裏話が・・・?
 ST.IVESは10468や31267などのNEVE用入力トランスは供給しましたが、予想外にも出力トランスはVT22543と言うNEVE3401に使われたトランス以外は作っていなかったようです。つまり最近の1073や1272クローンに使われているCARNHILL:VTB1148(MARINAIR:LO1166の代用品)は、NEVEに納められた実績がないままに、スペックを真似て作った物なのだそうです!
 締めくくりにGeoffは、CARNHILLが「類似品?」を作り一般ユーザーに供給している事に関しては、「考え方の違い」として肯定も否定もしていないようです。ただ「40年前の<骨董品>トランスを使うか、新品の<類似品?>を使うかは、あなた自身の判断だ!」と言っているようでした。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ