2012/9/29

スイッチング電源 @  

 クリックすると元のサイズで表示します

 ヤフオクでスイッチング電源のデッドストック品を10個落札しました。スタンレー製のDC24V/0,7Aで1個当たり300円、新品価格の10分の1位でしょうか?この製品は以前使った事があり、ノイズも少なく良好だったので購入しましたが、音声機器の場合リニア電源の方が音が良いと言われます。実際スイッチング電源との音質比較をした事がありましたが、高音域の伸びや細かさでリニア電源に軍配が上がりました。現実的には最近の音声機器の多くはスイッチング電源が使われていますが、高級機器は今でもリニア電源を使っている物もあります。
 スイッチング電源が重宝される理由は、小型で高出力が得られる事です。実際に今回と同じDC24V/0.7A出力をリニア電源で作るには、効率を考えてAC24V/1A以上の電源トランスが必要になり、物理的なスペースが必要になります。仮にB級動作のマイクアンプであればDC24V/0.3A位でも十分動作しますが、1Aクラスの電源と音の比較をすると、力量感に明らかな差が出ます。つまり0.3Aクラスのリニア電源と1Aクラスのスイッチング電源を比較すると・・・。一長一短で悩ましいところです!
 はっきりしている事は、アンプにとって電源は重要であるという事でしょうか!!

クリックすると元のサイズで表示します

    AC24V/1Aの電源トランスだけで、この大きさ!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ