2019/11/17

33114 つづき  プロオーディオ

 33114の回路構成は、ST.IVESの入力トランスとB638からなる入力部、EQセクション、B640とMARINAIR出力トランスからなる出力部に3分割されます。EQセクションはバイパスされているので除外して、とりあえず入力部からチェックします。
 マイク入力へ1kHz正弦波を入力し、オシロスコープでポイントごとに探ります。PreEQのインサートポイントに信号が出てこないので、入力部のB638に問題が有りそうです。B638の入力ピンまでは信号が届いていますが、出力ピンからは無信号でした。てっきりB638の不良かと思い、手持ちの予備品と交換しましたが・・・。現象は変わりません。24V電源も正常なので、残るは・・・。B638の増幅率を決める帰還回路に問題が?470μFの電解コンデンサーが!なんと短絡しています!!またもやコンデンサーが悪さしてます!!!

クリックすると元のサイズで表示します

フィリップスの青コンデンサーの手持ちは無いので、「SILMIC U」で代用してみました。見事問題解決(パチパチ!)ほかのモジュールも同じ原因でした。
 今までもタンタルで痛い目にあったことはブログにも書きましたが、電解コンもダメですね〜。やはりビンテージ物は、RECAPが必要なことを痛感しました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/11/12

NEVE33114  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

 ご存知ビンテージNEVE後期(1970〜80年頃)に製造された、NEVE33114です。私が実際使っていたのは5316コンソールに実装されたもので、当時はそれほど実感は無かったのですが、今考えれば貴重な経験でした。
 そんな33114モジュールを何本かストックしているのですが、先日久しぶりに灯を入れたところ、全く音の出ないモジュールを何本か発見しました。33114の貴重さはブログを読んでいただいている方ならお判りでしょうが、最近は市場に出回ることはほとんどありません。そんな貴重品をジャンクにするわけには出来ないので、さっそく修理に入りました。
 考えられるのはアンプユニットのNGですが、33114はTDA1034オペアンプを用いたB638・B640ユニットが使われているため、同時にいくつものモジュールが故障するとは考えにくいのですが・・?

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ