2020/7/31

8chサミングアンプ @  プロオーディオ

 以前登場したドイツ製8chラインアンプ(ANT EV8?)で、サミングアンプの製作に取り掛かりました。入力がトランスバランスになっているEV8ですが、サミングした後のバッファアンプが必要になります。EV8が24V単電源なので、出来れば同じ電源で処理したいものです。そこで思い浮かぶのが、NEVEのアンプ基板になります。B208のストックがあるのでこれを使うとして、問題は出力トランスです。そう!NEVEと言えばもちろんMARINAIRですね!!LO1173を2個奮発しました。
 それぞれの基板の動作を確認して、組み立てに入ります。一つ問題になったのが電源ですが、オールディスクリート回路なので、電源容量が心配です。それぞれの基板について測定したところ。B208が1枚あたり70mA、EV8が55mAと言う事で合計200mAほど、スイッチング電源は使いたくないので、リニア電源にするとして、余裕をみたら結構しっかりした物が必要になります。写真に有るように、ラックケースはアンプ基板とトランスだけで満杯なので、電源は別付けにすることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/7/25

TF・・・?  プロオーディオ

 手持ちのビンテージ機材を整理していたら、NEVE33415が出てきました。33415は3415の後継機なのですが、2段構えのアンプ基板がディスクリートのB438、B440やTDA1034モノシリックOPAを使ったB638、B640、トランスに至ってもMARINAIR、ST.IVESなど多様な組み合わせが存在します。

クリックすると元のサイズで表示します

 その中で以前から気になっていたのが、手持ちの33415に使われている出力トランス「TF12012」です。今まで集めたNEVE系トランスの資料の中には、「TF・・・」と言う型番のトランスは現れません。ただ後期の33609の回路図には一部TF系の出力トランスが使われています。私の33415は入力トランスがST・IVES、出力トランスがこのTF12012なのですが、見た目はMARINAIRの様ですが、コイツは何者なのでしょうか?思い起こし見ると、TFの型番はBELCLEREの入力トランスに見ることができます。はたして・・・?
 正解をご存じの方は、是非ご教授下さい。
0

2020/7/3

NE5534N  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

 久しぶりにモノシリックIC(シグネティックス製NE5534N)を用いたプリアンプを製作しました。回路的には基本的なプッシュプル回路で、入力トランスにJENSEN製「JT−115K−E」、出力トランスに日本光電製のカットコアタイプを使用しました。

クリックすると元のサイズで表示します

最大ゲインは50dB程度に抑え、ハイレベル入力に対応するため25dBパッド付きです。実はこのアンプが難産で、私のミスでトラブルが多発、完成までだいぶ時間を費やしてしまいました。
 結果ですが、最近はディスクリート回路ばかり扱ってきたので、IC回路の音がとても新鮮です。もちろんディスクリートのような重圧感は無いのですが、何かすっきりしていて、スピード感?があるようです。70〜80年代のロック系が、NEVEよりSSLを好んでいたという話を聞いたことがありますが、多少納得できた気がしました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ