2020/11/23

<つづき>の続き  趣味

 CD900のバランス回路化ですが、当初はLOWの出すぎが気になっていたものの、聴き慣れてゆくうちに心地よくなってきました。爆音で聴くと厳しいですが、音量を適音にすれば、全体に厚みが有り低い音がかなり伸びています。KICKやEBラインもしっかり聴き取れ、スピーカー環境に近い感じです。逆にスピーカーでは低音は音場の影響を受けるので、ヘッドホンの方が分かりやすいかもしれません。
 実際にこのヘッドホンでMIXする機会は無いのでモニターとしては何とも言えませんが、音楽鑑賞には良いと思います。
0

2020/11/20

ヘッドホンのバランス回路化 <つづき>  趣味

クリックすると元のサイズで表示します 

 調子に乗って、メインで使っているCD900もバランス回路化してしまいました。その結果ですが、音色が大分変りました。低音域が増強されて、全体に音が厚くなった感じです。もともとCD900は低音域が膨らみ気味で不自然に感じていたので、ミックスのモニタリングにはKRKを使っていましたが、これではちょっと・・・!
 ケーブルをオリジナルの細いものからL/R別々にシールド線で、また写真で分かるように本体のL→R渡し線を用いづ直付けしたのですが、それにしてもビックリです。ある意味こんなにLowの出たヘッドホンは聞いたことが有りません。アンプとの相性も有るのでしょうが、これはちょっとやり過ぎかも?
0

2020/11/14

ヘッドホンのバランス回路化  趣味

 クリックすると元のサイズで表示します

 最近趣味の音楽鑑賞は、SIEMENS/V275のラインアンプから直接ヘッドホンを鳴らしています。ラインアンプはXLR出力なので、XLR−フォンジャックの変換ケーブルを使って聞いているのですが、考えてみればラインアンプのバランス出力をわざわざアンバラにしている事になります。それならヘッドホンをバランス受けにすれば・・と思いつきました。これは世紀の大発明(!)と思いきや、とっくに製品化されているとの事で、ぬか喜びで終わった次第です。早速手持ちの「KRK KNS6400」を分解して、L/R別々にXLRケーブルをはんだ付けしました。これで変換ケーブルを使わずに、バランス回路で直接ラインアンプに繋ぐことができます。はたしてその成果は?
 結果から言えば、L/Rのエレメントを独立したモノラルアンプが駆動するのですから、音の分離は益々良くなりました。音色的な変化はあまり感じませんが、楽器の分離は元より、イフェクト(リバーブのリフレクションやショートディレイなど)も聞き取ることが出来て、ミックスモニターとしては最適ではないでしょうか。

 ただ音楽鑑賞用としては・・・? ≪過ぎたるは及ばざるが如し!≫
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ