2021/3/28

STUDER 928 C  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

 928がケースに納まりました。電源と一体化しましたが、S/Nも問題なさそうです。現在ロングランテスト中、音はSTUDER伝統の芯は持ちつつ伸びのある音色です。EQもHPFに4ポイントで、MHとMLはQカーブの変更も出来ます。自照式スイッチも点灯するので、なかなかお洒落です。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/3/25

STUDER928 B  プロオーディオ

 案の定(?)動きません。先程まで正常に動作していたモジュールですが、真ん中から2等分したら問題ありそうですよね。世の中そんなに甘くありません!早速回路図片手に信号を追いかけて行きます。このモジュールは基板が一部2階建てになっていて、2階がHA部、1階がEQ部になっています。まず2階のHA部ですが、入力トランスを通ってオペアンプ(NE5534AN)で正常に増幅されています。その後信号は1階のEQ部に進むのですが、その途中にMIC入力とLINE入力の切り替え器(4053B:アナログマルチプレクサ)が有り、こいつが動作していません。どうも前面パネルのLINEスイッチを押すと出力される、制御信号(DC5V)が発生していないようです。
 この制御信号用5Vですが、調べてゆくとモジュール下部のフェーダーの横でDC15Vからツェナーダイオードで5Vに降圧しています。途中で切断したので、モジュール上部のLINEスイッチまで供給されず、制御信号が発生しなかったようです。都合よく2階のHA部で別に5Vに降圧しているダイオードが有ったので、ここから拝借してLINEスイッチに供給したところ、見事に切り替え器が動作して信号がEQ部に送られ、POST−EQでインサートアウトから信号が取り出せました。これで何とかチャンネルストリップが出来そうです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/3/21

STUDER928 A  

クリックすると元のサイズで表示します 

 STUDER928チャンネルモジュールの改造に取り掛かりました。構成としてはHAとEQを生かしたチャンネルストリップとして、出力はPOST−EQのインサートポイント(電子バランス)から取り出します。モジュールは立体基板でVCAやアナログスイッチの論理回路も張り巡らせれているため、とても全ての回路を読み取ることは出来ません。ただ通常モジュール内の信号は上から下へ流れるのが常道なので、モジュール中央部のEQセクションの下あたりで切り離すことにしました。これでモジュールは30cm程になったので、インチラックサイズのケースに納まりそうです。果たして切り離したモジュールは正常に動くのでしょうか?
0

2021/3/15

STUDER 928  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

 STUDER928のインプットモジュールを入手しました。20年ほど前のアナログミキサーとしては終盤に近い機種でしょうか、私も実際にミキシングした経験が有ります。STUDERと言えば169や961、962などの可搬型ミキサー(とても重いのですが)に大分お世話になりましたが、928はやや大型の卓で、モジュール幅も30mmと細身です。
 
クリックすると元のサイズで表示します
 
 中身はと言えば基本的にはアナログ回路ですが、VCAやアナログスイッチが多用されていて、デジタル化への過渡期と言うところでしょうか。回路図が手に入ったので何とか動かしてみたところ、MIC、LINE入力とも問題なく動作しました。全長が60cm程ありこのままケースに納めるのは難しいので、何とかHAとEQ部分のみをラッキングしようかと思います。

0

2021/3/12

トランス変換BOX  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します 

 バランス回路ヘッドホン用に、パッシブタイプのアンバラ/バランス変換トランスBOXを作ってみました。単純にトランスでヘッドホン出力をバランス化するのですが、いろいろ試してみて、シグマ製ミキサーから取り出した日本光電製と思われるカットコアタイプのトランスを使てみました。最初はトランスの1次側(多分インピーダンス40Ω位?)から入力し、2次側(600Ω)で出力してSDR−CD900ST(63Ω)をドライブしてみたのですが、音源のヘッドホンアンプ出力に無理があるのかイマイチ音が納得できません。試しに逆に2次側から入力して1次側で出力にしてみると、なかなか良い感じです。
 パッシブなので音量は多少下がり、アクティブなヘッドホンアンプのようなエネルギー感は有りませんが、シンプルな回路構成の割には明らかに解像度が良くなり音の広がりも出て、バランス化のメリットが十分聴き取れました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ