2013/2/11

ラインアンプ  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

 ドイツ製と思われるラインアンプを手に入れました。8ch基盤でHAUFEのトランスが乗っています。ラインアンプと言えば、最近CDを聞いて気が付いたことがあります。クラッシックを除けば、ほとんどの楽曲でサンプル音源を使っているわけですが、有名ミュージシャンの音源はとても太く聞こえます。音源自体の違いも有るとは思いますが、打ち込みの際に手間をかけて質の良いミキサー(アンプ)を通しているのではと推測しました。
 かつて一斉を風靡した知り合いのミュージシャンから、自宅で作ったデモテープを聞かせてもらいました。楽曲的には好みなのですが、音源が細く迫力がありません。そこで倉庫から通すだけで音が太くなる(?)リミコンを持ち出し、長期貸し出しすることになりました。数ヵ月後感想を聞いたら大変ご機嫌で、ミックスしなおしているので出来たら是非聞いてほしいとのことでした。
 サミングアンプでのミックスは効果的なのは知られていますが、入力音源にも良質なラインアンプを通す方法はどうでしょうか?製作的にはマイクアンプより簡単なので、少しラインアンプを作ってみようかと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ