2013/2/17

SIMENS V275/01  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します 

 ちょっと前に手に入れたSIMENS-V275/01です。ご覧のようにトランス入出力のラインアンプですが、ネットでV275の回路図を検索するとサミングアンプと書いてあり、どう見ても実物と違います。どうも後ろについている</01>が違うようで、回路的にはV275がディスクリートに対し、V275/01はハイブリッドICで出力トランスをドライブしているようです。
 回路は簡単なので、とりあえず結線して動作確認をしてみました。この当時のドイツ製モジュールの定番である電源電圧DC24Vで入力に正弦波を入力します。出力トランスが2出力有るのですが、スペックが分からないので最初は片側のみで試してみました。出力に綺麗なサインカーブが現れましたが、ヘッドルームが10dB程度しかなく、とても使い物になりません。そこでトランス出力をカスケードしたところ、ヘッドルームが26dB取れました。しかし困ったことに、このモジュール自体に38dBものゲインがあるのです。どの様な使い方をしていたのか分かりませんが、ちょっと使い勝手が悪そうです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ