2007/7/13

同軸スピーカーケーブル  趣味

 先日知り合いのミュージシャンが、秋葉原で買ったという1m千何百円のスピーカーケーブルを持ってきました。我が家のモニターシステムのスピーカーケーブルは、2E4のマイクケーブルで代用しているのですが、さすがに持ち込んだケーブルは高いだけあって、音の引き締まった音像がはっきりする傾向にありました。大昔スピーカーの設置方法(スピーカー台の材質やインシュレーター)やケーブル(線材やケーブルにブチルゴム巻いて振動を抑えたり)に凝ったことがあったのですが、最近はほったらかしにしていたので、久しぶりに眠った虫が目を覚ましました。
 秋葉原へ行ってもっと高いケーブルを買ってくれば事足りるのですが、心情的にそれでは気が済みません。身の回りに有るものでトライしてみることにしました。ちょうどテレビのアンテナ配線用の5C2V/75Ωケーブルの残り物が有りました。以前同軸ケーブルでマイクケーブルを作って試したことがありましたが、音声帯域(特に高い方)が広がるのは確認できましたが、ノイズを拾ってしまうのと、何より2軸ケーブルなのでファントム電源が使えないのでボツになりました。それなら何10dBもレベルの高いスピーカーケーブルでは・・・?
 結果はビックリです。再生帯域が上下共(低域方向も!)広がりました。特に高域に関しては、その細やかさと艶やかさが際立っています!片側2m程のケーブルでこんなに音が変わるのですね!!家の中を探せば、結構転がっているお宅も多いのではないでしょうか。一度トライしてみては・・・。
(ちなみにパワードモニターを使用している為両端をXLRに変換してあり、正確には「スピーカーケーブル」では無いかもしれません)参考
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ