2007/7/28

Quadeight ラインアンプ  プロオーディオ

 以前からQuadeightのライントランス(QEE−3041)を持っていたのですが、宝の持ち腐れで、なかかな使う機会がありませんでした。5534/8chバッファアンプを作ったときに、モニターSP用のラインアンプに代用したところなかなか良かったので、改めて5534/2chアッテネーター付きラインアンプにQEE−3041を使ってみました。
 回路構成はトランス(BSS)受けにして東京光音の600Ωステレオアッテネーターを入れて、5534+トランジスタ増幅でQEE−3041をドライブしてみました。しかし出て来た音は、厚みはあるのですが高域の伸びがイマイチでした。8chバッファーの時は、厚みはそれほどではないのですが高域の伸びたクリアーな感じだったのですが、電気回路は一緒なのに何が違うのでしょうか?出力トランスは前回は日本光電だったのですが、満を持したQuadeightが良くないのでしょうか?あとは入力をトランス受けにしたことなので、試しにこれを外して直接アッテネーターで受けてみました。
 なんと嘘のようにハイが伸びているではないですか!低い方も良く出ています!良かれと思い入力トランスを入れたのですが・・・。なかなか難しいです。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ