2008/1/31

LX−108オペアンプ A  プロオーディオ

 「LX−108オペアンプ」を使ったHanaoka製のマイクアンプカードをラッキングしました。入出力600Ωトランスバランスで(今でも一部放送用音声システムは、機器間のインピーダンスを600Ωで受け渡しています)最大60dBのゲインを持たせました。
クリックすると元のサイズで表示します
 この基板の特徴としては、電源入力部に3端子レギュレーターによる安定化回路をそれぞれ持っていて、システムラック内の電源から±18VDCの供給を受け、基板内で±15Vに降圧しています。多分システム内の他の機器や基板からの電源ショックなどの影響を受けないようにしてあるのではないかと思います。業務用の基板には時々見られますが贅沢な作りです。今回はアンプ基板(2ch内蔵)1枚なので、電源回路では整流、平滑しただけの±24VDCをアンプ基板に供給して、基板内のレギュレーターで±15Vに安定化しています。
 早速音質チェックをしました。前出の「Telefunken−V672」と比較してみましたが、なかなかの物で音の太さは負けていません。想像通りLX−108はディスクリートのようで、API−2520を参考にしているのではないかと思います。また基板には「1980年」と書いてあるので、コンデンサーの交換も必要かもしれません。次回は「RECAP」に挑戦してみようかと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ