2008/7/20

連休初日  プロオーディオ

 クリックすると元のサイズで表示します
 知り合いからSSL615E、24ch分のユニットを預かってきました。本体のみで、電源も立ち上げケーブルもありません。多分10年近く倉庫に眠っていたようで、適当に直して使ってくださいとのことでした。見た目には使用感も少なく、こんなすごい物が長い間使われずにいた事が不思議に思います。
 電源は±15Vで大丈夫そうなのですが、1ユニット(2ch)で100mAほど消費電流があるので、24chだと1.2A必要になります。結構大きな電源が必要になりますが、ヤフオクでミキサー電源のジャンクを手に入ることが出来ました。±36V出力もあるので、レギュレーターで±24Vに降圧してファンタム電源にするつもりです。
クリックすると元のサイズで表示します
 入出力コネクターはELCO120ピンが付いたのですが、このコネクターが特殊で、手に入らないことは無いのですが、工作には特殊な道具が必要なようです。(今までこの手のELCOマルチコネクターは工作したことがありません)また使い勝手として、PREAMPアウトを直接プロツールズやHDRに繋ぐことを考えると、D-sub25ピンにしたほうが便利なので、全面的にコネクターの付け替えをすることにしました。D-sub25でバランス8chになるので、トータル入出力でコネクターが6個必要になります。いろいろ調べてみましたが、D-sub25のピンアサインは、YAMAHA、TASCAM、Digidesignなど同じなので、流用ができそうです。
 とりあえず入出力コネクターをそれぞれ1個づつ付けて、8ch分生かしてみました。どんな音が出るのか楽しみです!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ