2008/11/29

音色比較!  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します
 プラス接地アンプの音チェックをしました。事前の段階でなかなかレベルが高そうだったので、BA283シルミックと比較してみましたが、明らかに音色は違うのですが、BA283がNEVEの特徴でもある中高域がボイスを前面に押し出すのに対し、プラス接地の方はフラットな感じです。ただし、シルミックにRECAPしたので、高音域も延びていて、音の太さでも遜色はありません。かなり高レベルな比較なので、収録する音源によって選択が変わると思います。
 問題点としては、BA283シルミックバージョンがリメイクなので全ての素子が新品なのに対し、プラス接地アンプの方はRECAPしたものの30年以上経過しているせいかS/Nが悪く、トータルで65dBあったゲインを55dBまで下げました。この点がちょっと残念です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ