2009/1/31

UPS  いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

 オークションで以前より欲しかったUPSを購入しました。UPSは構造的に大きく分けて2種類あり、ひとつは平常時には商用電源を使い、停電時に内部バッテリーに切り替わるタイプ、もう一つは常時商用電源を一旦直流にして、再度交流に戻すインバータータイプのものです。一般的には前者が安価で小型化できるので普及していますが、正確に言えば、前者は停電時にバッテリーに切り替わる際10mS程ブランクがあり、完全な「無停電電源」とは言えません。しかし実際には10mS程度の瞬断は機器の電源部にあるコンデンサーで吸収してしまう為問題は無く、実際に私もデジタル卓のUPSとして使っていますが、コンセントを抜いて停電状態にしても、機器は何のショックも無く動作しています。
 さて今回手に入れた「常時インバーター方式」UPSですが、無停電という意味では完璧です。しかしそのために購入したのではなく、交流電源を作り直すと言う意味でクリーンな電源が得られるのではないかと思ったからです。「クリーン電源」と言えば信濃電気が有名で、有名スタジオなどでの実績から効果も認められています。しかし高価なため、なかなかビギナーには手の届く物ではありません。
 そこで今回のUPSですが、信濃電気とデータを比較してみても、出力電力の正弦波の歪率も余り変わらず、価格は3万円ほどで(私はとても安く手に入れましたが!)出力は250Wと大きくはありませんが、オーディオセット(CDP+ラインアンプ+パワードSP×2)を鳴らすくらいなら十分です。かつ大きさもEIA/1Uサイズ位なので場所も取りません。「インバーター」という言葉がオーディオ的には拒否反応を感じますが、とりあえず試しに使ってみようかと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ