2009/2/2

UPS A  いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します 

 早速UPS(常時インバーター方式)を使ってみました。オーディオセット(CDプレーヤー、ラインアンプ、パワードSP×2)に繋いで見ます。電源を入れると「ピピピ・・!」とアラームが鳴り、すぐに正常動作になりました。電源投入時のラッシュでアラームが反応するようです。CDをかけて、恐る々々ボリュームを上げてみます。「おお〜・・。」この感触は久しぶりです。「レースのカーテンを開いて窓から日が差し込む感じ!・・」です。大げさでは無く、本当に霧が晴れた音です。全体の音像がクリアになったので、音が一歩づつ前に出てきます。特にオーケストラの演奏では、高音域に伸びがあり、ホールトーンが見事に再現されています。やはり予想通り、インバートされた正弦波はノイズ成分が除去されて、機器の本来の性能を引き出しているものと思われます。
 驚いたのはこれだけではありません。他にもいろいろな電気製品を試してみましたが、居間にある32インチの液晶テレビにつないだところ、地デジ放送のハイビジョン番組が綺麗になりました!ディテールがはっきりし、発色も鮮やかで、SD番組とHD番組の画質の差がより分かるようになりました。
 本当に今回は良い買い物をしたと思います。次回は是非レコーディングにも使ってみようと思いますが、唯一不満といえば強制空冷のためファンが回っているので、その音がちょっと気になることでしょうか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ