2009/3/15

サミングアンプ @  プロオーディオ

 以前から作ってみたいと思っていた、サミングアンプの製作に取り掛かりました。「サミングアンプ」という言葉は昔は無かったと思うのですが、DAW環境のミキシングが盛んになり、PCからの出力信号を単純に加算するだけのアンプがもてはやされるようになりました。理由はいろいろ有るようですが、最終的にデジタル信号を一旦アナログに戻し、アナログ回路を通す事で音の太さや色付けをするようです。もちろん普通のアナログミキサーでも事足りるのですが、余計な回路を通す事での音質劣化を避けるため、シンプルな回路構成にするのが基本です。
 1Uのラックケースがあるので、8入力2出力位のサミングアンプを作ろうかと思います。私自身はDAWを使っていないので、プリアンプと組み合わせてミキサー代わりに使うつもりです。入力はノントランスの電子バランスとして、出力はJENSEN/JE-123-Sを使ってトランスアウトにします。取り合えずシグネティクスNE5534Nを使って8ch分の入力バッファアンプを作りました。オペアンプの音の傾向から、カップリングコンデンサーはニチコンのFineGoldを使いました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ