NPO法人 蓼科・八ケ岳国際自然学校では
山菜教室、バードウォッチング、登山教室、オリエンテーリング体験等各種プログラムを実施しています。
問い合わせ先 TEL:0266-67-1115 E-mail:office@tyins.or.jp

2009/2/21

スノーシュー  スノーシュー&クロカン

今日は、快晴の冬らしい天気に恵まれた中、親子スノーシューハイクを楽しでもらえました。4歳の子も、スノーシューをはいて水色ルートをしっかり歩きました。皆さんも、トライしてみてください!クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2009/2/14

自然学校が女子大に?  スノーシュー&クロカン

2月中旬には、珍しい大雨に見舞われ、天気が心配されましたが、見事に晴れて、千駄刈の森は、若い女性でいっぱい・・女子大のようになりました。そりコースからは、蓼科山は、もちろんのこと。北アルプスの展望にも恵まれ、千駄刈の森のスノーシューを楽しんでもらえました。雪で造ったテーブルで信州ソバ、そしてティータイムも。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2009/2/11

自然学校から五辻へ  スノーシュー&クロカン

2月11日 晴れ、今日は自然学校から五辻までスノーシューであがってきました。

まずは一本桜(樹種タカネザクラ)を目指します。2月に入ってからほとんど雪が降らず、雪の上には動物の足跡が古いものから新しい物までたくさん残っています。
クリックすると元のサイズで表示します
これはテンとキツネの足跡が交錯したところ。上の足跡がキツネ、下がテンです。
キツネの方がテンよりも数倍重いのですが、足跡の大きさはほとんど変わりません。おかげでテンの方がキツネに比べて雪にもぐらずに歩くことが出来ます。

一本桜到着。
クリックすると元のサイズで表示します
春の終わりごろ、教室から咲いているのが見えるタカネザクラ(=ミネザクラ)です。実物はこの大きさ。タカネザクラとしては立派な樹です。

一本桜から尾根上を五辻方面へ向かいます。人の踏み跡は消えていましたが、はっきりした道が有り、赤布の目印が付いていました。

人間の踏み跡のようにはっきりした、シカのハイウェイ?をところどころ横切ります。
クリックすると元のサイズで表示します
シラビソやコメツガの林を赤布にしたがって登ってゆき、最後は適当に林の中を突っ切って五辻に向かいました。

五辻到着。バックは茶臼山です。
クリックすると元のサイズで表示します
自然学校から五辻まで所要時間約2時間半でした。
やや風があったので岩陰で昼食をとり、往路を下山しました。

帰り道の途中、「オーアオーアオー」という動物とも鳥ともつかない聞きなれない声がしました。戻ってから野鳥の会で出しているCDで確認、アオバトという緑色の綺麗なハトだったようです。もう少し標高の低い森に住んでいるとの事ですが、ここ数日の暖かさで物見遊山にでもきたのでしょうか?姿をぜひ見たいものです。
今日はキバシリという比較的珍しい鳥も見かけました。

まだまだ新しい出会いがいっぱいの千駄刈りの森です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ