2008/3/8

全青研1日目  ご報告

第53回全国青年問題研究集会!

まず始めは

問題別集会゜

夢∞松の胸キュンさんが事例発表をするということで
文化活動リーダー養成事業について学びました

福岡県の青年団さんの 合唱
夢∞松さんの 人形劇
北海道の青年団さんの 演劇

例のごとく一番前の席で
一生懸命メモをとりましたが

途中うとうととしてしまっていたような気が…
(記憶がないので多分気のせいでしょう

<ここで勉強になったこと>
・誰だって自分に惚れたく、人に惚れてもらいたい
 →この想いを達成できるような活動を
・青年団に共通の一言が必要
 「自分達は○○をする為に集まっている」
 →はっきりした目的は勧誘しやすくもある

なによりも
若者が一つになる活動は、地域に大きく貢献している
事を学びました゜

つづいて
オープニングプログラム゜

日青協さんの基調報告では
新しい息吹として若狭町青年会がサークルから
社会教育団体となり、初主催イベントを行ったことが取り挙げられました
クリックすると元のサイズで表示します

日青協会長のごあいさつでは
「会員を増やすことを目的とするよりも、
 より活き活きとした活動をしてほしい」とあり

発足当初から多くの地域の方より言われ
躍起になって考えてきた人数集めで自分が
硬くなっていたことに気づいたので

これをこの後3日間のテーマとして
考えていこうと思いました

続いて今回実践大賞の実践報告゜
クリックすると元のサイズで表示します
大賞の講評は
・一人の想いを全体を巻き込んで成功させたこと
・テーマを地元に置いたこと
・46もの題材には地域調査が必要不可欠であったこと
・青年らしい活動     ということでした゜

記念講演゜
井筒監督のお話は視野が広がる内容で面白かったです

記憶に残った言葉は
「独立」
地域の独立に青年の独立
下について文句をいうくらいなら
自立し、自分の力で成せばいい

来館・退館時に偶然にもお会いし
声をかけられたので、緊張しましたが
なかなかいい経験が出来ました

        

おー長くなってしまったなー゜
ちょっと休憩

        

夕食をはさみまして゜

分科会゜
この日は自己紹介の交流中心に話をしました゜
「どんな屋台をしているか」が話題に上がり

ベビーカステラの話をしたら

長崎とかではないとのコト゜
是非やってみてとおススメしときました゜

儲かるのは「かき氷」「綿菓子」「ヨーヨーつり」
失敗したもので「ピザ」(売れるが手間がかかる)
興味を持ったのは
「ハンバーガー」と「親身胡椒(おやみこしょう)」

親身胡椒(字が違うかも)に興味を持った方は
綾川町青年会でエリカさんに聞いてみてください

1日目おわり゜

2日目からは
それぞれの分科会で行動していきます゜

ちなみに各分科会のテーマは

モッチン:市町村リーダーの役割
にな  :スポーツ活動・青年大会
いのっち:農業・地域
クロ  :青年が地域を担う  です゜

聞きたいことなどあれば各メンバーの記事にどうぞ゜
なんでもお答えします゜(たぶん
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ