2014/2/19

山科疏水探鳥会  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 地元で多彩な活動を続けておられるM氏を迎えての探鳥会である。前日に降雪があったが、当日はいくぶん気温が高く小雨が途切れない。

クリックすると元のサイズで表示します

 肝心の疎水は清掃作業中で水量も少なく、水鳥がいない。そこでMさんの秘策、とある寺院の池をのぞいて見る、なんとオシドリがいるではないか、上はこの日のハイライトの様子だが、あんまりうるさくすると住職が怒り出すらしい、みんなでそっと観察。

クリックすると元のサイズで表示します

 ちょっと不思議だったのはカラ類が見あたらないこと、そしてもうひとつ、500以上じゃないかって感じのイカルの群れ、これはここだけのことではないようで今年の傾向のようだ。でもなんでこんなに集まっているんだろう。
 その中から飛び出したなんか赤い鳥、「なになに何、なんやってんやろ」、幸いにもカメラが捉えていた。マミチャジナイだった。                    山科疏水探鳥会 2014年2月15日

クリックすると元のサイズで表示します
            ミツマタ Edgeworthia chrysantha ジンチョウゲ科

●見聞きした鳥 天候: 曇り時々雨
オシドリ、マガモ、カルガモ、ドバト、キジバト、アオバト、アオサギ、トビ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、マミチャジナイ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、メジロ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、イカル、ホオジロ、アオジ 29種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ