2018/6/27

清滝川沿いをハイキング  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 久しぶり(十数年振り?)の清滝川探鳥会。当日は梅雨まっただ中というのに、日なたは汗ばむくらい。しかし、保津峡駅に降り立つと、渓谷のすがすがしい空気とたくさんのオオルリのさえずりが迎えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

 参加者は担当含め30名。コースと注意点を説明の後、探鳥スタート。とにかくあちこちからオオルリのさえずりが聞こえ、涼しげなカジカガエルの声もよかった。30分ほど進んだ時、列の後方がざわめき「クマタカ!」の声。見上げると かなり高空に見慣れない姿が。参加者の撮影した画像を見せてもらうと、クマタカ若鳥の特徴が…。本日想定外の超目玉でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 落合橋から清滝川沿いの東海自然歩道を、カワガラスを見ながら進みます。途中河原に下りて休憩や記念写真を挟み、清滝バス停には発車10分前に到着。慌ただしく鳥合わせを行い解散となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

 当初の目玉(期待薄だが)ヤマセミやサンコウチョウは見られなかったものの、クマタカの出現で大満足の探鳥会でした。                   保津峡〜清滝川探鳥会 2018年6月17日 百舌鳥

クリックすると元のサイズで表示します

●見聞きした鳥 天候:
キジバト、カワウ、アオサギ、クマタカ、コゲラ、アオゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、イソヒヨドリ、キビタキ、オオルリ、キセキレイ、カワガラス、カワセミ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ 24種

クリックすると元のサイズで表示します




                次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ