2021/2/1

『そんぐぽすと』228 (2月〜3月号)  そんぐぽすと
クリックすると元のサイズで表示します

 京都支部の会員誌『そんぐぽすと』228号(2月〜3月号)を発行しました。今号は、探鳥会中止による会員サービスの低下をリカバーするため、4ページ増やして36ページとしました。
 また、京都府北部在住の会員による「プラスチック製の海のゴミ〜宮津市由良浜からのレポート〜」と「丹後の海鳥」も掲載しました。

クリックすると元のサイズで表示します

 珍鳥スポット・舳倉島に25年間通い続けた会員による「舳倉島よもやま話」全4回も今号からスタート。日本初記録となるシロビタイジョウビタキとの出会いを写真とともに紹介するほか、さまざまな鳥や人との出会いをお伝えしています。

クリックすると元のサイズで表示します

 前号からスタートした「野鳥画の系譜」の2回目は「浮世絵花鳥版画」。喜多川歌麿、歌川広重、葛飾北斎が描いた花鳥画を取り上げて解説しています。

クリックすると元のサイズで表示します

 そのほか、「2020年秋期タカの渡り報告」「野鳥の寿命」「鴨川にはカモがいなかった!」など多彩な記事が満載です。広報部



                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ