2007/6/27

町で見かけた鳥、のようなもの  episode
クリックすると元のサイズで表示します

 とある街角でみつけました。というより月に一度くらい通っている道にあって毎回やっぱり気にかかります。いったいなんという鳥なんだろう。京都支部の会員だったら知ってる人は「あれやな」とすく分かる ? でも大部分の方はご存知ないのでしょうね、

2007/6/22

比叡山探鳥会(6月3日)のご報告  行事
クリックすると元のサイズで表示します
 集合地のケーブル八瀬駅でいきなり「交野野鳥の会」の人たちといっしょになった。よく支部の探鳥会へ参加される方の顔も見える、会長さんたちとしばし歓談、名刺交換。やがてこちらの観察会への参加者も集まりはじめ、バードウォッチャー満杯のケーブルカーは山上駅へ…。
空気の温度がちがう。ウグイスやホオジロの声も深く美しく響き、ヒガラが遠く近くで囀り、華やかなメジロの声が混じる、旧スキー場跡までくるとホトトギスが鳴きながら飛び回りだした。
西塔の駐車場から延暦寺境内へ入ると杉や檜、樅の木々が生い茂り森の色がいちだんと深くなる。オオルリ、クロツグミ、伝教大師御廟の静寂をミソサザイが破る。「息継ぎとかしてるのでしょうか?」、みんなで見入る。「キバシリがいます!」。見た人見られなかった人…。
「鳥類繁殖の地」と刻まれた古い石碑のまえで昼食。午後になって霞が去り、暖かくなって見晴らしもよくなった。帰路、ヒガラ、ヤマガラ、オオルリなどをじっくり観察できた。

●見聞きした鳥
カルガモ、カワセミ、アオゲラ、ヤブサメ、センダイムシクイ、キビタキ、イカルなど 32種
●咲いていた花
ヤマツツジ、コゴメウツギ、ツクバネウツギ、ヤブデマリ、クマイチゴ、フタリシズカ、タニウツギなど

2007/6/22

ブログを始めます  
本日から日本野鳥の会京都支部のブログ「京都鳥日和」をスタートさせます。当面は実施した探鳥会のご報告をその都度掲載しますが、今後は会員からの鳥情報や投稿写真なども掲載していく予定です。
もちろん、コメントは会員に限らず一般の方々でも大歓迎です。徐々にページを充実していきますので、ご期待ください。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ