2009/9/30

宇治川調査 2区  調査・研究
宇治川調査 2区 
 宇治橋〜観月橋
 9月13日(日)8:07-12:24 晴

クリックすると元のサイズで表示します
               (写真は隠元橋下流から観月橋方面をみた所)

 今まで隠元橋から上流や観月橋下流の芦原はよく歩きましたが 2区間である観月橋から隠元橋までの右岸はほとんど歩いていませんでした。今回歩いて、こんなに良い所だったかと思いました。中州にはイカルチドリやイソシギ カワセミ、上空にはオオタカ ミサゴ・・。
 1500トン放流に向けて川の改修が行われるとどこまで今の景色が保たれるのか・・ 心配です。            T・T wrote


●記録した鳥
カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、ミサゴ、トビ、オオタカ、コチドリ、イカルチドリ、ケリ、イソシギ、ドバト、キジバト、カワセミ、ショウドウツバメ、ツバメ、コシアカツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 30種 462個体


              次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック

2009/9/28

北嵯峨探鳥会  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 4ヶ月ぶりの探鳥会です、快晴、無風、暑い、暑さに負けず鳥が出てくれるだろうか、などと思いつつ出発しました。そんな不安を払拭するように、庭苑の水路にはキセキレイ、カワラヒワ、セグロセキレイ、キジバトなどの水浴びが見られ、大沢池にはカワセミ、バン、カルガモたちの歓迎を受けて一同大喜びのスタートとなりました。
 大杉にイカルを見て梅園へ向かいます、梅園越しに桜並木で採餌するツツドリを探そうと言う訳です、‥が気配無し、代わりにコサメビタキ発見!池畔の木々の枝を2羽が転々と飛び移る姿を双眼鏡で追う楽しい時間となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
          (写真をクリックすると大きくなります)

 それでもやっぱりツツドリは見たい、と言う訳で池の対岸を探索していると、桜並木沿いに赤茶色の鳥が我々の進む逆方向に高速で通過しました、ツツドリ赤色型です、大急ぎで後戻りして探していると、今度は黒い翼のツツドリが後の山に向かって飛び去ってしまいました、その後も暫く探したものの見つからない、昼食後にもう一度探すことにして、心残りながら直指庵方面に移動、直指庵手前の貯水池はホテイアオイが70%を占めていて花が最盛期、絶景です。
 どなたかが高空にタカ発見、ハチクマ1羽がトビ2羽と仲良く帆翔していたのでした、バンザーイ。11時を過ぎると更に気温が上昇して山沿いの道でも暑い、元気に鳴くミンミンゼミの声を聞くと我々の体力は萎えてきます、後宇多天皇陵で小休止を取りヒガンバナ咲く農地へ向かいました、ノビタキ2羽がジックリと見られ、幼鳥か冬羽かと議論噴出でした。ちご神社で鳥合わせ解散、昼食、昼食組と共にツツドリ求めて再び大覚寺へ行きましたが残念ながら成果はありませんでした。                  北嵯峨探鳥会 (9月17日) Y.M wrote

クリックすると元のサイズで表示します


●見聞きした鳥
カイツブリ、カワウ、バン、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、ゴイサギ、カルガモ、ハチクマ、トビ、キジバト、ツツドリ、カワセミ、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ノビタキ、コサメビタキ、メジロ、カワラヒワ、イカル、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 31種

クリックすると元のサイズで表示します



              次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック

2009/9/25

鴨川  探鳥スポット
クリックすると元のサイズで表示します

 かわもを渡る風が心地よい、くさ木がそよぐ。私たちはなんて幸せなんだろう、町中を流れるこの川へ来て腰をおろせば目のまえは大自然だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 いい薫りが漂ってきた。センニンソウである。

クリックすると元のサイズで表示します

 よどみのあるところには魚たち、なんていう種類だろう、

クリックすると元のサイズで表示します

 ひらひらと飛んでいるのはハグロトンボ、もっとひらりひらりとしてるのはたぶんチョウトンボ。水色のもいる、薄茶色のトンボもいた。

クリックすると元のサイズで表示します
        (すべての写真はクリックすると大きくなります)

 ピ、ピーと鳴きながら上流へ向かった 2羽の鳥はなんだったのだろう、流れが急峻なところにイソシギが降りていた。河畔の木々が美しい、ここらが山城と呼ばれたころからあるとされる「榎」は私たちの宝ものだ。             鴨川、塩小路橋〜加茂大橋 (9月8日)


            次の観察会は「鴨川リレー探鳥会(クリック)です。

2009/9/23

宇治川調査 1区  調査・研究
宇治川調査 1区(50.7-53.3km) 
 宇治橋〜右岸〜白虹橋〜左岸〜宇治橋
 9月5日(土)8:59-12:39 晴

クリックすると元のサイズで表示します

 天瀬ダム1500トン放流が計画されています。現在は900トン放流対応のダムですが、新たに600トン放流の水路を作って1500トンに対応できるようにするものです。1500トン放流に耐える川・・。
 これはもはや川が単にひたすら水が流れるだけの水路です。一体そこに住む鳥は、草木は・・。Oさんの呼びかけでデータを残そうということで調査が始まりました。
 当日はヤマセミ狙いのカメラマンが来ていました、その近くでササゴイの若鳥が河岸を歩いてました。
宇治川の一番のシンボル塔の島(写真)はどうなるのでしょう。                           T・T wrote


●記録した鳥
カワウ、ササゴイ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、イソシギ、ドバト、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、スズメ、ハシブトガラス、アヒル 21種 194個体


            次の観察会は「鴨川リレー探鳥会(クリック)です。

2009/9/21

鴨川リレー探鳥会  information
鴨川リレー探鳥会再開で〜す!
 夜、カネタタキの声が響く季節になってきました。
鴨川リレー探鳥会が始まります。
9月は八瀬から高野川を下りながら、曼珠沙華と水辺の野鳥を観察します。

クリックすると元のサイズで表示します
          左京区上高野隣好町(2009/9/18) Photograph by bulbul

 遊園地がなくなった八瀬には大きなホテルや病院が建ち驚くほど環境が変わってしまいました。
当たり前のように観察できたカワガラスも、今までのようには姿を見せてくれなくなりました。
着々と河川改修の計画も進められているようです。                                (9月18日) K.N wrote

クリックすると元のサイズで表示します

          (写真はクリックすると大きくなります)

◆鴨川リレー探鳥会  9月27日(日)
 京都府はこのあたりの河川環境の見直しを行っている。野鳥にとって住みよい環境は?
(雨天中止)集合地で確認
 

 集合 午前9時 叡電「八瀬比叡山口」駅の外
 
 行程 叡電「八瀬比叡山口」駅前→花園橋
 
    (八瀬〜川沿いに三宅八幡辺りまで。)
 解散 正午頃 現地 昼食自由
 
 担当 中村桂子・植田



                次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ