2010/9/6

ツバメの町中塒  調査・研究
クリックすると元のサイズで表示します

 叡電修学院駅まえにできたツバメの塒を見に行った。昨年もこのブログで話題に(クリック)上がった。その時もふれたが町中の電線や街路樹で形成される塒の例は国内で少ないとされている。しかし、最近では阪急電鉄のある駅(兵庫県)あたり、岡山での観察例もある。小規模なものはあちこちにあるのかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します

 夕方 6時半ごろから集まり始め 7時過ぎにはほぼ終わった。568羽とカウントされた。ずいぶん細かい数字だが、電線に止まってるのはもとより、木に止まっているものも習性上中には入らないのでほとんど総ての姿が見えているのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 2,3年前からこの集団塒は観察されているようなのだが、「なぜここなんだろう ?」
 どうも24時間スーパーが出来た事や町が明るくなったのと同調しているのではないかと推測されている。しかし明確な要因が特定されたわけではない。(2010年8月21日)


                次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ