2013/2/28

室内例会「芦生の鳥〜現在・過去・未来〜」  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 2月11日午後、ラボール京都において、「芦生の鳥〜現在・過去・未来〜」のタイトルで講演が行われました。講師は梶田学さんで、2001年から南丹市芦生研究林において鳥類標識調査を続けておられ、調査結果と調査の様子をご紹介していただきました。
 芦生研究林は、人工林6%で、二次林がこれに続き、大部分を天然林(ブナ、ミズナラ)が占めています。この環境の中で、60種の野鳥が繁殖し、通過を含めると5月に78種、10月に86種という2つのピークに示されるように、多くの野鳥がこの自然を利用しています。環境の変化で少なくなったコノハズク、アカショウビンなども繁殖し、貴重な自然を残しています。
 しかしながら、シカの個体数の増加に伴い食害(林床のチシマザサなどが食べられる)が広がり、営巣場所の減少によってウグイスが減少しています。このことは、外来種ソウシチョウの侵入を防いでいるようで、笹がないことから定着できないようです。

クリックすると元のサイズで表示します

 秋の渡り鳥を、長治谷のススキ原で標識調査を続けるなかで、通過時期にも早い遅いが見られるとのこと。エゾムシクイは8月中に通過するのに対し、メボソムシクイは9月中旬から11月初旬にかけてと幅があること。アオジやクロジは10月末から11月3日までに集中していること、他方、ノジコは10月中旬にこのススキ原を通過しています。これらの通過鳥は、北海道、富山芦生、広島というルートを行き来していることが、標識調査によって分ってきています。
 このススキ原での標識調査をする中で、シカがススキを食べるようになり、調査地を防御柵で囲わねばならなくなったこと。シカは、ススキを好まないと見られていたのですが、食性が変わったようです。シカの食害によるススキ原の
縮小は通過鳥に影響し、2007年を境に大きく減少したが、2011年11月には回復していると述べられました。
このような標識調査をするなかで、クロジに大小の違いがあることが分ったそうです。因みに芦生では大きい方が繁殖しているとのことです。                   室内例会 2月11日( J )

クリックすると元のサイズで表示します


               次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック


お話しをお聞きして、

2013/2/26

桂川探鳥会  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 松尾駅近くの温度計は平年並の4℃とまずまずである。しかし、今年は「ベニマシコ」があまり見られず、カモ類も少ない。天気予報では午前中風速6〜9m/Sとバードウォッチングには不適である。
 集合場所では続々と参加者が集まり最終的には30名をこえた。このコースを始めて4年だが、最多の参加者となった。
 桂川沿いの出発地点まで異動する間、「モズ」、「ジョウビタキ」、「カワセミ」などに出会う。松尾橋までに「カワアイサ」、「ヒドリガモ」、「コガモ」を含め11種と少ない。一昨年は25種を超えたのだが。 
 松尾橋上流のアキニレの樹に「カワラヒワ」の群れを発見。中に少数の「マヒワ」混じっていた。
 「シジュウカラ」や「メジロ」や「エナガ」を見ながら進み、中間点でトイレ休憩。前方で歓声が聞こえ、テントが見えた。
 再出発してすぐに「ベニマシコ」の声が聞こえる。全員が立ち止まり双眼鏡を覗き込むが姿は見えない。十数分粘って姿を見たのは数名、しかも一瞬だけ。諦めてさきへ進む。やはり風があるからだろうか。
 先ほどの歓声は中学生の駅伝大会である。あちこちで応援の歓声があがためか、このあたりではほとんど野鳥の姿がない。ただ歩くのみ。

クリックすると元のサイズで表示します

 嵐山公園中之島地区に到着して「オナガガモ」、「キセキレイ」がみられた。
 いつもならここが終点だが時間に余裕があるので渡月橋まで進む。「キンクロハジロ」、「イソシギ」、「カルガモ」を追加し、鳥合わせ。途中小雨も降り最悪のコンデションだったが、出現鳥は40種とまずまずであった。
 過去3年は毎年「ベニマシコ」のオスを全員で見ることができたのだが、最多の参加者となった今日に限って、ほんの一部の人しか見られなかったのは残念であった。
               桂川探鳥会 (2月11日) K. K wrote


●見聞きした鳥
ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、イカルチドリ、イソシギ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウブイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、シメ、アオジ 40種


クリックすると元のサイズで表示します



               次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック

2013/2/24

山科川探鳥会  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 手をとっておられる方がこの探鳥会の主役である。もう何十年というお付き合いだが、お歳は70前後のはず、いつお会いしても矍鑠とされていて、終始微笑みが絶えない印象だ。自然については素より地誌、歴史についても造詣が深い。総てをご自身の視点で観、考えておられる。参加者のどなたもが好感をもって彼にせっしてられることだろう。私もその一人である。

クリックすると元のサイズで表示します

 好天で雲ひとつ "あった" が、わずかに「春の兆し」まで感じてしまうほどの日となった。ご覧のとおり紅梅も開花、ツバメまでやって来た。

クリックすると元のサイズで表示します

 水辺に降りた鳩を子供たちが追っ払っていた。いつもこの辺りに止まり、大人たちの愚痴を聞いているからだと "早合点" してしまう。例えば「鳥がいっぱいいてて楽しいね」とでも口癖にしていたら、彼らも「そうかも」と感じるかも知れない。
 子供たちに一番近い人間は親なのだから、子供たちの幼い意識は、親の考え方の裏や表が深く関与し、精神形成されて行くのだろう。近しい人たちの幾つかの例を想起しつつ思いついた。

クリックすると元のサイズで表示します

 私たちがこの鳥の群れに熱中してる時、今日の主役、Mさんは通りすがりの、小母さん小父さん、お姉さん、お兄さんに望遠鏡を覗かせ、「いゃあぁ綺麗、なんちゅう鳥ですのん」とか「こんな近くにこんなんおるんですねぇ」と「感嘆詞」を引き出しておられた。買いもの帰りの主婦なら夕餉の話題にあがったかも知れない。これぞ "環境教育" なのではないか、探鳥会は一番簡単で手っ取り早い、しかも最も効果的な「自然保護活動」なのである。
 レンジャクの群れのほかに、みんなでコゲラの耳羽を見ることができたのも良かった。
                   山科川探鳥会 (2月10日)


●見聞きした鳥
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、イカルチドリ、イソシギ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、キレンジャク、ヒレンジャク、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、ホオアカ、アオジ 41種

クリックすると元のサイズで表示します


               次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック
アルバム (クリック)

2013/2/22

桂川生物多様性調査 (三川合流)  調査・研究
クリックすると元のサイズで表示します

 「合流をたのむ」。亡くなって何年になるだろう、私がここの調査を未だに続けられているのは、当時の保護部部長の残されたこの「ことば」。託されたのである。そしてことあるごとに噛みしめている。この人に出逢わなければ、今も自然を見つめる日々を過ごしているとは思えない。
 「河川敷」なんとあやふやな場所なんだろう。誰のものでもない、自然のなすがままに翻弄され、行政が必要とすれば削りとられ、埋め立てられる。もちろんここに生息する無数の生物たちに生存権を主張する手だてはない。昨年はなぜか異様に野鳥が少なかった。そんな時もここだけは例年通りの個体数を数え、通過する群れの種類も豊富なままであった。少なくとも野鳥たちにとって必要不可欠な場所なんだろう。この生態系を維持するために、私たちに何ができるのであろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 誰かに「ここ、サンクチュアリにならんかな」と呟いて一笑にふされた事があった。ひょっとして今、声をあげなければ終わってしまうかも知れない気がしてきた。「身を挺して」とまで思わないが、無くなってしまってからでは元も子もない。はっきり言おう、自然は一度潰してしまえば再現なんてできない。「野鳥を愛するみなさんがた、どうだろう ? 」応援していただけるだろうか。
             桂川生物多様性調査 (三川合流) 2月9日


●記録した鳥
オカヨシガモ、ヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、イソシギ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ 37種


クリックすると元のサイズで表示します



               次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック

2013/2/20

オジロビタキ  episode
クリックすると元のサイズで表示します

結構珍しい小鳥なんですが、もう一ヵ月も居ついているそうです。
名前はオジロビタキ。去年生まれの若い子ですね。(第1回冬羽)
たくさんのカメラマンに囲まれていたそうなので行かなかったんですが、そろそろほとぼりが冷めた頃かなと思って見てきました。・・・正解。(笑)
このオジロビタキの特徴は、とにかくカワイイ!
ヒタキの仲間はみんなかわいいんだけど、個人的感想ですけど、オジロビタキは特別にかわいいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
    どうです、このつぶらな瞳と卵型体型。

クリックすると元のサイズで表示します
    後ろから見てもまあるいし。
何度か出会ってますけど、いつ見ても和んでしまう可愛さです。


               次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ