2013/11/29

北嵯峨探鳥会  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 集合場所の北嵯峨駅前でMさんがカラスのモビングを発見、追われているのはハイタカだった。
いつも通り大覚寺に向かうスタート前にハイタカが見られたのだから、道中期待せずには居られない。
大覚寺までの徒歩途中、ジョウビタキ雌・ケリ・モズが出迎えてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

 大覚寺庭園の大沢池では、ヒドリガモ・オオバン・オカヨシガモ・カイツブリが優雅に泳いでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

 今の時期は嵯峨菊が見られるので紅葉と共に写真に収めておく ※嵯峨菊は嵯峨天皇の御代、大沢池の菊ケ島に自生していた。嵯峨野独特の野菊の事だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

 木の上でカワウが休んでいたので、目が瑠璃のように綺麗だと言うことで見させていただく。

クリックすると元のサイズで表示します

 大沢池を後に里山を過ぎて広沢池を目指す道中は、ホオジロ・チョウゲンボウ・ミサゴが見られた、いつもより空は賑やかな感じだった。

クリックすると元のサイズで表示します

 児(ちご)神社にて鳥あわせ、今回は39種の鳥が見られ、色んな物が見られ楽しい日だった。
 解散後 大覚寺に戻り蓮カレーを頂いたところでツグミが見られました。                                         北嵯峨探鳥会 2013年11月21日 S. O wrote


●見聞きした鳥 天候: 晴れ
オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ケリ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、チョウゲンボウ、モズ、ヒヨドリ、ウグイス、シジュウカラ、エナガ、メジロ、ツグミ、ジョウビタキ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ムクドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、アオジ 39種

クリックすると元のサイズで表示します




               次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2013/11/27

津から松阪  探鳥スポット
クリックすると元のサイズで表示します

 津市、安濃川河口から雲出川河口を経て松阪市五主あたりまでの海岸を地元の方の案内で車で移動しながら鳥を見た。大阪鳥類研究グループの行事でした。もうひと月も前のことなんだけど、この時期行ってもけっこういろいろな海辺の鳥が見られるんじゃないかと思います。写真は波打ち際で採餌するミユビシギ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 なぜ10月中旬だったかというとオオアジサシの大きな群れが来てたのです。しかし、この日は数羽見られただけでした。

クリックすると元のサイズで表示します

 実は昨年も行きました。12月中旬でした。その日、写真のミヤコドリはこんなに居なかったけど、たしかツクシガモやコクガンがいてました。今から計画しても十分いろいろな鳥が見られると思います。ぜひどうぞ、お薦めです。                         安濃川河口周辺、雲出川河口、五主池、曽原新田 2013年10月26日


●見聞きした鳥 天候: 晴れ
ヨシガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ヒメアマツバメ、シロチドリ、ミヤコドリ、セイタカシギ、オオソリハシシギ、ホウロクシギ、ツルシギ、イソシギ、ミユビシギ、ハマシギ、オオアジサシ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、セグロカモメ、ミサゴ、コミミズク、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ドバト 47種


クリックすると元のサイズで表示します





               次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2013/11/25

京都御苑探鳥会  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 快晴で温かい絶好の鳥見日和と思いきや、肝心の鳥たちが出てくれない。ヒヨドリやカラスはぞろぞろいるのだが、お目当ての冬鳥に姿はさっぱり。

クリックすると元のサイズで表示します


 今秋は到着が遅れているようで、集合地、乾御門の上空をイカルの群れが飛んだり、シメやシロハラを見た参加者があったとはいえ、一同で観察できた冬鳥が少数のビンズイとアオジだけとは情けない。

クリックすると元のサイズで表示します

 クロガネモチの赤い実や、ツワブキの花を眺め、カツラの落ち葉の香りを嗅いでお茶を濁す。

クリックすると元のサイズで表示します

 11月の京都御苑探鳥会では、過去に2,3回こんな年があった。中でも2008年は大外れで、18種の鳥しか見られなかった。これに比べれば本日の24種はましなほうかもしれない。                            京都御苑探鳥会 2013年11月17日 Σ


●見聞きした鳥 天候: 快晴
マガモ、キジバト、アオサギ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ムシクイsp、 メジロ、ムクドリ、シロハラ、スズメ、セグロセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、シメ、イカル、アオジ、ホオジロ 24種

クリックすると元のサイズで表示します




               次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2013/11/22

大阪バードフェスティバル  活動
クリックすると元のサイズで表示します

11月16日(土)17日(日)の2日間、大阪自然史博物館において「大阪バードフェスティバル2013」が開催されました。
野鳥を中心とした自然観察グループをはじめ、バードカービングやワイルドライフアートなど芸術系のグループなど45団体が出展する関西最大の野鳥イベントです。

クリックすると元のサイズで表示します

例年どおり京都支部も出展。今回は舞鶴をテーマに、写真パネルの展示、書籍『舞鶴の守りたい自然』の販売、現地会員が作成したリーフレット「舞鶴の自然と野鳥」の配布を行いました。
また、昨年好評だった「風呂敷教室」を今年も開き、ビデオ「京都の野鳥〜春夏秋冬」も放映しました。
舞鶴の写真に見入る高齢の男性に声をかけると、「抑留されて舞鶴に引き上げてきたので懐かしい」とのこと。年齢を尋ねると、何と99歳。元気に会場まで足を運ばれたのです。
また、「以前舞鶴に住んでいて、今でも時々帰る」という若い男性は、舞鶴の自然が懐かしかったようで『舞鶴の守りたい自然』を購入されました[ 購入希望の方は京都支部ホームページ、トップ右上「お問い合わせ(クリック)」からお申込下さい。『舞鶴の守りたい自然(クリック)』 ]

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

昨年に比べて出展ブースは少なかったものの、樋口広芳氏による講演会「鳥の渡りと生物多様性の保全」、シンポジウム「色・鳥どり 鳥たちの多様な色彩の進化と芸術への浸透」、野鳥写真家・叶内拓哉氏やイラストレーター・谷口高司氏による体験講座など多彩なプログラムが展開されたこともあって、昨年よりも多い16,700人が来場しました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

一般市民との交流もさることながら、こうしたイベントでは、他の団体と交流できることも魅力の一つ。ビデオをご覧になった大阪のNPO法人の方と京都の野鳥について情報交換したり、京都府から出展されていた里山の会の方とも交流できました。
「風呂敷教室」は中高年だけではなく若い女性にも人気。また、アセスの仕事をしているという20代前半の男性2人もブースを訪れてくれました。まさに老若男女、さまざまな人々と交流できました。

クリックすると元のサイズで表示します




               次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2013/11/20

コガモ危機一髪  生態
クリックすると元のサイズで表示します

 冬のゴル フ場でミスショットしたボールが池に飛び込みのんびりしていたコガモが驚いて飛び立つ瞬間を表現した作品です。
 人は遊びでもコガモにとっては命がけです。

クリックすると元のサイズで表示します

*ナチュラル表現で 6センチの朴の板を3枚合わせた厚い材料から彫りだしました。堅い木なので彫りだしが大変でした。
                         K.N wrote


コガモ (英名 : Teal) Anas crecca カモ科
亜種 : 基亜種コガモA. c. crecca のほかアメリカコガモ A. c. carelinensis
異名 : たかぶ(北海道、岩手、宮城、福島、新潟、栃木、茨城、千葉、埼玉、東京)、かも、たかへ(青森)、たかべ(岐阜、石川、鳥取、徳島)、たかぶがも(福島)、きんか(宮崎)、こたぎ(高知)、たかべ、かも(兵庫)、いそがも(鳥取)、いしがも(奄美)、しわがも、たかお(新潟)、ちよき(京都)、ふざいがも(大阪)、オミキ(和歌山)、はじろ(茨城)、こじい、こじん、いそがも(鹿児島)、すずがも(長野)、こうらい(宮城)、みかぶ(栃木)、こつ(埼玉)、こぴよう、きんちやくかも(神奈川)、すいちよう、すずがも(山梨)、かしがも、わく、すずがも(愛媛)、どめき、ひようひようがも、ひゆうひゆうがも、ばめき、はちはもん、はじろ、こつぴい(熊本)、とをどを(山口)、ひよこ、つぶて(佐賀)、ひよこ、ひうひうがも(福岡)、すずがも(岡山)
大きさ: L38 W59 留鳥、冬鳥



               次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ