2017/1/30

屈指のカモ密集地でダックウオッチング  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 集合場所に到着したときはベタベタの霙(みぞれ)が横降りしており、寒さもあって中止も考えました が 、参加者も集まって、出発時間になると霙も止んで雲の間から日も射し 、なかなかの鳥見日和になりました。しかし寒い! 

クリックすると元のサイズで表示します

 地上に上がって、まずは竹田公園でヒヨドリ、ツグミを観察 。そして、水鶏橋下流から鴨川へ。カワウの群れを観察し(アップで見るカワウの瞳はいつ見てもキレイなエメラルドグリーン) 、大宮大橋を過ぎるとはるか対岸のNTT鉄塔の頂上にハヤブサ(恐らく雄)を確認しました。この鉄塔、いまの季節ハヤブサの見張り場で有名です 。

クリックすると元のサイズで表示します

 その後、ミサゴも二度に渡って上空を通過。鳥羽大橋ではイカル 50〜60羽の群れも通過し、さらに堤防に上がるとアオジ  ホオジロをじっくり観察できました。
 名神鴨川橋ではイソヒヨドリを一部の方が確認されました。その後、コンビニで昼食の買出し&トイレを済ませ、小枝橋公園で昼食。昼食が済むと、今回の本命・西高瀬川を上流に向かって移動します。

クリックすると元のサイズで表示します

 西高瀬川は交通の便が悪く、周囲も殺風景?なためマイナーな鳥見場所ですが、いざカモシーズンになると市内屈指の密度を誇るカモウォッチングの場になります。ちなみに本年ガンカモ調査ではカモ総数 300オーバー。
 ただ、西高瀬のカモたちは餌付けされてないため非常にデリケート。一人で観るには問題ないものの、 探鳥会など多人数で行くと怖がって逃げる、逃げる。探鳥会には向かないのかも知れませんが、来年も探鳥会を実施したいと考えています。                              西高瀬川探鳥会 2017年1月22日 百舌鳥

●見聞きした鳥 天候: 
オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ケリ、イカルチドリ、イソシギ、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、シメ、イカル、ホオジロ、アオジ  42種



                次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/1/27

鴨川カメラ散歩  探鳥スポット
クリックすると元のサイズで表示します

 寒いですね、今日もめげずに川を覗き込みます。「おった」、ほんの少し常連さんやありません。
 「さて、なんでしょう」


クリックすると元のサイズで表示します

 この鳥もちょっと少なめのキセキレイですが、この写真をみて「ルリビタキ ? 」と言った人がおられました。
 そういうとそうですね、みえないこともありません。


クリックすると元のサイズで表示します

 また、クイズです、なんでしょう (笑) 「鵜」じゃないですよ。
 鵜で思い出したんですが、鵜飼で使われてるのはウミウです。普段身近なのはカワウですね、両方いっしょにいることてあんまりなさそうですが、瀬戸内なんかではそういう場面にもでくわすことがあります、大きさといい、顔かたちといいとてもよく似ています。望遠鏡でしっかり見てみないと判別がつきません。ところが慣れた人は上空を飛んでいても分かるそうです。
 最近、私は飛んでるハシボソガラスとハシブトガラスの違いがだんだんわかるようになってきました。いっつも歩いてるところはカラスくらいしかいないので、からかも知れません(笑)。さて、クイズの答えは…

クリックすると元のサイズで表示します




                次の観察会は「探鳥会案内」をクリック
続きを読む

2017/1/25

鳥の歌〜鳥にまつわるギター音楽〜  行事
京都支部の室内例会Birder’s Caféでは、これまで鳥と音楽をテーマにした講座をクラシック音楽で2回、ジャズで1回開催してきました。1月21日(土)に行われた音楽シリーズ第4弾はギター音楽、しかも生演奏付きです。講師は、支部会員でクラシカルギター歴50年以上のTさん。
まず、ギターという楽器の特性と鳥の鳴き方の説明の後、スペインのカタロニア民謡から『鳥の歌』『うぐいす』などが紹介されました。そして、有名なナルシソ・イエペスの『禁じられた遊び』も生で演奏していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

また、誰もが一度は聞いたことのある『ラ・パロマ(スペイン語でハト)』、それを編曲したタレガの作品『アルハンブラの思い出』など生演奏が続きます。支部事務所はライブカフェのよう。
さらに、日本のギタリスト、山下和仁が演奏するサン・サーンスの『白鳥』、村治佳織が演奏するロドリーゴの『春の小鳥』をオリジナル音源で聴かせていただきました。特に後者は、ギターで鳥の声を再現した珍しい楽曲とのこと。
そして、ハチドリがホバリングしながら蜜を吸う様子をギターで表現した『はちすずめ』という珍しい楽曲もオリジナル音源で紹介していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は、Tさんのテーマ曲である『森に夢見る』の生演奏。これを作曲したパラグアイのギタリスト、バリオスが民族衣装を着用し頭に鳥の羽根を飾って演奏したことにちなんで、Tさんもアカショウビンの羽根を飾った南米柄のヘアバンドをつけて演奏されました。

クリックすると元のサイズで表示します

参加者の中には、「事務所に来るのは初めて」という若い女性が3人。そのうちの1人は、「ギターを習いたい」とのこと。Tさんや、当日参加されたギタリストの会員からいろいろアドバイスを受けていました。

クリックすると元のサイズで表示します

鳥にまつわるさまざまなギター音楽だけでなく、誰でも聴きたいギター音楽の定番も生で楽しめる贅沢な室内例会でした。
なお、「鳥と音楽」シリーズの第5弾は「鳥とビートルズ」と題して4月2日(日)に行う予定です。ビートルズの曲をはじめサイモン&ガーファンクルの『コンドルは飛んで行く』などを取り上げます。            室内例会Birder’s Café 2017年1月21日 K.S wrote



                次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/1/23

イソヒヨドリ  生態
  予報どおりの寒い朝、気温は0℃。
  青空の広がる一方で、灰色の雲が広がって今にも小雪が散らつきそ うです。
  これだけ寒いと、散歩の足も遠のいてしまいます。

  この冬は冬鳥が少なく、年明けには地上を飛び交っているはずのツ グミがことしは1羽も見られません。
  そんな中、昨日は少し鳥運に恵まれました。
  まず、イソヒヨドリ。
  久しぶりに目の前で遊んでくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

  ジョウビタキを追っているとウメが咲き始めているのに気づき、両 方を狙ったら、ジョウビタキは飛んでしまい、梅の花はぼけぼけ。
  おお悲し。

クリックすると元のサイズで表示します


  なんとか♂だけ撮れました。

クリックすると元のサイズで表示します


  このところユリカモメが増えてきました。
  年中トビにも餌やりをしている餌まきおばさんのパン屑に友が友を よび、増えたのでしょう。
  300羽前後が集まっています。

クリックすると元のサイズで表示します


  ユリカモメやカモに混じって、寒い冬を和ませてくれる仲間はカワ アイサ、キンクロハジロ、オオバンたちです。

                    散歩道は鴨川のほとりです。
            鳥、花、犬、人…、出会いはあれこれ、楽しい一日が始まります。
                            ブログ「あれこれ散歩道」より




                次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/1/20

小さな抵抗  episode
クリックすると元のサイズで表示します

 猫を飼ってる、犬もいてる。考えてみたらいろいろなワンニャンがきたなぁ、神戸や奈良の公園、お寺の床下にいたの、ペットショップで売れ残ってた子、山のおでん屋で生まれたの、警察の遺失物になってたやつ、獣医さんからも。
 小鳥も育てた。庭でわんこが取り押さえたセキセイインコ、廊下に入ってきたジュウシマツ…数え切れない。
 ほおっておけない、なんとかしたい。私の人生、今までそれできました。

クリックすると元のサイズで表示します

 いろいろな問題がある。よく存じています、それで保健所が取り締まって処分するんですね。人間の社会なんだから仕方ないんですね、それって私は辛いんです。微力ですが、とりあえず飼っているんです。もちろん自分なりの法則の下にではありますが、



                次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ