2017/9/29

秋いろいろ2  生態
  日の傾く4時頃、いつもの道を歩きました。
  朝、気づかなかったのがウスギモクセイ。
  無惨にも大きく剪定されて、今年はいい香りも期待できなさそうで す。
  となりのキンモクセイもやられていました。

クリックすると元のサイズで表示します

  もうじき花が咲くという時季にです。

クリックすると元のサイズで表示します


  影の長くなった道を歩くと、メリケンカルカヤが群生しています。
  昨日は小さかったのにすぐ大きくなります。
  夕日に映えて緑がきれいです。

クリックすると元のサイズで表示します


  木の実も色づき始めました。
  エノキの小さい実が赤くなっています。

クリックすると元のサイズで表示します


  ムクノキの実はまだ青いですが、そのうち黒くなるでしょう。
  食べてみるとやや甘く、ムクドリが好んで食べますね。

クリックすると元のサイズで表示します


  河川敷の草刈り前の状態。
  今年はキンエノコロが、エノコログサに代わって大きく巾を利かせ ています。
  朝のキンエノコロ。

クリックすると元のサイズで表示します

  こちらは夕方のキンエノコロ。

クリックすると元のサイズで表示します

  同じ草なのに、光の当たり具合でこうも違うのですね。
  キンエノコロは見方によって金色?に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します


  ご近所のヨルガオがきれいに咲いています。
  この花は葉っぱに遠慮して?ちょっと歪んでますね。

クリックすると元のサイズで表示します


                    散歩道は鴨川のほとりです。
            鳥、花、犬、人…、出会いはあれこれ、楽しい一日が始まります。
                            ブログ「あれこれ散歩道」より




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/9/27

支部報『そんぐぽすと』208号(10月〜11月号)  そんぐぽすと
クリックすると元のサイズで表示します

 『そんぐぽすと』208号を発行しました。今号の特集は「鳥の考古学」。世界編としてナスカの地上絵に描かれた鳥や世界最古の鳥の絵を紹介した後、日本編として、埋蔵文化財の発掘に従事した会員に弥生時代に登場する鳥について詳しく解説していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 また、スズメバチの巣に営巣したアカショウビンの話(「アカショウビンの恩返し」)、視覚障害者や肢体障害者のバードウオッチングを取り上げた「障害者と野鳥」、JR二条駅のチョウゲンボウの観察記録など多彩な記事で構成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 「ハネホネ教室Bフクロウ」の会員サイト版では、フクロウの首が約360度回る動画や、音もなく飛ぶフクロウをハトとハヤブサで比較したBBC制作の実験映像を紹介しています。広報部



                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/9/25

秋いろいろ  生態
  からっとして風もあり、爽やかなので午後3時、日陰に沿って川端 通を歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します

  センダンの枝の一部が黄葉してとなりのイチョウとの緑の濃淡がき れいです。

  さほど大きくもないイチョウの木に実がぎっしりとついて、まさに 、実りの秋。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


  岸辺にははやヒガンバナが満開には少し早いので、アシの陰で遠慮 がちに咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します

  お彼岸の頃には岸辺が転々と赤く染まります。

  オギの穂もいよいよ銀色に映え、風がやさしく頭を撫ぜていきます 。

クリックすると元のサイズで表示します

  下は枯れかかったオギの穂です。
  ススキには一つ一つの小さい穂に1本の長いノギがありますが、オギにはこれがありません。

クリックすると元のサイズで表示します


  勢い良く流れる堰の下ではダイサギとコサギが餌を狙っています。

クリックすると元のサイズで表示します



  (ダイサギ君、横を向いてしまった、残念!)

                    散歩道は鴨川のほとりです。
            鳥、花、犬、人…、出会いはあれこれ、楽しい一日が始まります。
                            ブログ「あれこれ散歩道」より




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/9/22

色えんぴつでかわいい鳥たち  books
クリックすると元のサイズで表示します

 こんな楽しみはどうだろう、スマートフォンで写真撮るのは簡単やけど、例えば子供たち、そういうの慣れて日常になるとどんどん、そう生活自体の重みというのかな、なくなって、思い出にも残らないような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

 私の祖母はよく絵を描いて話ししてくれました。船は帆かけ船でした。女性の髪型は島田でした。思い起こせば浮世絵ですよ。今もしっかり祖母との時間。日々が、懐かしく、遠くじゃなくて先ほどみたいに残っています。こういうの大切だって思うんです。

 いかがでしょう ?

クリックすると元のサイズで表示します


  「色えんぴつでかわいい鳥たち」HPへ



                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/9/18

初心者のためのタカの渡り教室  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 今シーズンのタカ渡り探鳥会の前に、画像&動画で3種のタカ(サシバ、ノスリ、ハチクマ)他の識別を予習すると言う室内例会です。

クリックすると元のサイズで表示します

 今回は参加者の感想文をご紹介します。                          室内例会 2017年9月10日 A.O wrote

  初めて参加する予定のタカの渡り探鳥会に向けて予習がてら参加しました。参加者多数でびっくり! まず渡りのルートの説明があり、基本的な3種類のタカ(サシバ・ハチクマ・ノスリ)の特徴を画像で確認した後、動画で識別の練習をしました。その動画を見ているだけでも感動的ですが、本物はさらに美しいとのこと。期待が膨らみます! いくつかの観察スポットと、調査員の連携体制、連日の調査の経過をネットで見る方法も教えてもらいました。 白蝶

クリックすると元のサイズで表示します


  9月23日京都西山タカの渡り探鳥会
  9月24日岩間山タカの渡り探鳥会
  10月1日Young探鳥会(西山タカの渡り)

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ