2017/12/29

2万5,821種  保全
クリックすると元のサイズで表示します

 25,821種、"絶滅のおそれのある野生生物" レッドリストに上がってる最新の数字です。恐ろしいような数ですね、興味本位で手にした「動物の箱舟」という本を見るまで、具体的にはよく知りませんでした。

絶滅のおそれのある世界の野生生物が2万5,821種に
2017年12月5日、IUCN(国際自然保護連合)は東京で、最新版の「レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物のリスト)」を発表しました。この最新版のリストで、絶滅のおそれが高いとされる3つのランク(CR、EN、VU)に記載された野生生物は、2万5,821種。この中には、野生のイネ科植物や、温暖化の影響が心配されるシロフクロウなどが含まれています。WWFジャパンも、東京での発表記者会見にパネリストとして参加。絶滅危機種の増加が、環境問題の深刻化に対する警鐘であることをあらためて訴えました。WWFジャパンHP


クリックすると元のサイズで表示します

 まず頭を過ぎったのは「原因はなんだろう」。地球温暖化なんて「よそごと」な表現、私は「人」だと思います。道を拡張するのに邪魔だから木を切ったとか、日頃、当たり前のように、普通に繰り返される自然破壊。
 考えてみて下さい、木一本でも育って日陰を作るようになるまで何十年、何百年てかかるわけでしょ、命ですよね、そんな簡単に絶ってしまっていいのかなぁ、最近あまり聞かなくなったけど「命は地球より重い」て言います。切り倒した木は二度と蘇りませんから。
 開墾など、人の動きが原因で町に出てくるイノシシ、クマ。異常に増えて邪魔になった鹿とかも、"駆除しなくてわ" なんて、殺すことを駆除と言い換えているように思えて気にかかるところです。
 みんなが「生命」を意識すると自然破壊という愚挙の速度が落ちるように思うのですが、たぶんダメでしょうね。

 ●参考資料
 ・生物個体数のわずかな変化から生態系崩壊の兆しを予測、理論を提案
 ・A biologist captured "soul-crushing" footage of this starving polar bear just before he died.



クリックすると元のサイズで表示します

       動物の箱舟
       2017年8月15日発行
       定価:本体3600円+税
       ナショナル ジオグラフィック




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/12/27

初めてのバードウオッチング@岡崎疏水(一般の方限定)  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 一般の方にバードウオッチングの楽しさを知っていただくために、本部と共催する探鳥会の第2弾。昨年までは通常の初心者向け探鳥会でしたが、今回は一般向け限定で開催しました。案内役として支部会員ほか10名と、新聞やホームページ、本部の情報発信をご覧になった22名が参加され、近場のせいか女性が多かったようです。
 地下鉄蹴上駅から琵琶湖疏水記念館に向かう途中にインクラインを歩き、両側に小鳥がいろいろ出たようです。記念館前ではヨシガモなどのカモ類、オオバン、カワウが早速登場。双眼鏡の貸し出しやスコープの台数も充実していたので、色、模様の違いをゆっくりと見ていただけました。また時々現れるキセキレイの姿にも歓声があがりました。
 その後、疏水に沿って歩きましたが、対岸の動物園のフェンスの上や隙間から、動物の姿が垣間見え、双眼鏡を使うとちょっとしたサファリ気分。小さいお子さんに喜ばれました。

クリックすると元のサイズで表示します

 夷川ダムにほとんど鳥がいなかったため、鴨川まで足を延ばしました。ここで、ユリカモメ、オナガガモ、コガモが初めて出現。最後にカワセミが出て、無事終了となりました。鳥合わせの後、お試し会員を募集したところ4名が申し込んでくださいました。ほかにも双眼鏡を買いに行きたいとおっしゃる方もおられ、今後の探鳥会にも参加していただけるのではないかと期待しています。                 初めてのバードウオッチング@岡崎疏水 2017年12月16日 Plover

●見聞きした鳥 天候: 
ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ 38種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/12/25

宇治川と木幡池で水辺の鳥を観察  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 この探鳥会、10月から天候に恵まれていません。今回も早朝の降水確率60%で、予定のコースは先日から始まった河道掘削工事のため、河川敷に降りることができません。それにもめげず参加された2名と今にも降り出しそうな空の下を歩きだすと、前日の下見では出なかったイカルチドリやカワセミが現れて私たちを励ましてくれました。住宅地の屋根ではイソヒヨドリも姿を見せてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

 さらに、コース中ほどではベニマシコの雄が登場。一同「い〜ね〜」と得心しながら観察しました。悪天候でも鳥を見ようという熱心な参加者へのご褒美は、もう一つありました。今回新たに加えたポイント、木幡池にミコアイサが3羽…。いずれも雌ですがうれしい遭遇でした。
 結局、雨は1滴も降らず。出現鳥も観察目が少ない割には37種と予想以上の数となりました(ベニマシコの画像は当日撮影したものではありません)。                                      宇治平日探鳥会 2017年12月8日 S

●見聞きした鳥 天候: 
オカヨシガモ、ヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イカルチドリ、イソシギ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、アオジ 37種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/12/23

原始の糺の森で美しい紅葉が迎えてくれる  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 出町柳からまず鴨川左岸を下ると、イカルチドリが5羽中州で休憩中です。イソシギは忙しく動きますね。上空遠くにチョウゲンボウが飛び、府立医大病院の屋上にイソヒヨドリの雄が見え隠れ。青空に映えるユリカモメは絵になります。

クリックすると元のサイズで表示します

 高野川に戻って、出町柳で2度出合ったカワセミは5m先と信じられないぐらい近くに。排水口近くには餌が捕りやすいのかコサギが40羽集まっていました。ダイサギやアオサギと違って、争ったりはしていませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

 下鴨神社の境内はいつにも増して観光客で騒がしく、野鳥の声が聞きづらい。アトリやイカル、カラ類などを観察して、第1次鳥合せは38種でひと区切り。

クリックすると元のサイズで表示します

 鴨川左岸へ移動し、葵橋上流ですぐに8羽のカワアイサを発見。3羽の雄の換羽状態の違いも望遠鏡なら分かりますね。じっくり観察して昼食タイム。ハイタカ、オオバンなど5種を追加しました。

クリックすると元のサイズで表示します

 植物園では生態園とアジサイ園を往復し、2カ所でキクイタダキの声を聞くも、一声だけなので姿をキャッチするに至らず時間切れ。見聞鳥は合計44種となりました。朝は冷え込みましたが、冬としては珍しく終日青空が広がっていました。
            下鴨神社平日探鳥会 2017年12月6日 T.M

クリックすると元のサイズで表示します

●見聞きした鳥 天候: 
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カワアイサ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、イカルチドリ、イソシギ、ユリカモメ、トビ、ハイタカ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、カワラヒワ、イカル、アオジ 44種

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/12/20

川の鳥、海の鳥、山の鳥を見て歩こう  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 台風21号でかなりの被害を受けた舞鶴では、その後も雨風の強い低温の日が続き、雨の合間を選んで下見すると、伊佐津川周辺の野鳥はこれまでより激減していた。それでも探鳥会当日は雨も上がり、穏やかな探鳥日和となった。
 行程は舞鶴西運動広場から伊佐津川の川べりを歩き、匂崎公園まで野鳥を観察することができた。カモの仲間やオオバン、アオサギなど、種類はそこそこ見ることができ、和やかな雰囲気でそろって集合場所に戻り、鳥合わせをすると40種を観察していた。参加していただいた野鳥愛好家のみなさんに感謝。                                伊佐津川・匂崎探鳥会 2017年11月25日 M

●見聞きした鳥 天候:
オカヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イカルチドリ、イソシギ、ウミネコ、セグロカモメ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イカル、ホオジロ、アオジ 40種



                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ