2018/4/30

春らんまんの里山  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 大覚寺大沢池にハスの姿は全く見られず、オオバンが数羽。小さな池には早くもカイツブリが浮巣の上に座っていましたが産卵はまだのようです。心経宝塔ではムクドリが数羽忙しそうに出入りしていました。アオバズクの営巣木であるツブラジイの木は過日の強風の時に枝が折れたのか樹形がほっそりして、今年も営巣してくれるでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

 寺を後にして電線に止まったムクドリを眺めながら直指庵への道を東に折れ、小さな池に。北へ帰ったのかカモは見えず、その代わりにフジがきれいに咲いていました。御陵さんでは先に着いた人からオオルリ、トラツグミ、クロツグミがいたと告げられましたが、後から来た人には見てもらえず残念でした。
 畑に出ると「レンゲを摘む会」の開催を明日に控え、周囲にレンゲの花が広がります。いつも気になっていたのですが、広沢池に向かう道の西の方に、見るからに古墳とわかる小山は、実は「葛野大堰(かどのおおい)」の事業を成し遂げた秦一族の首長の墓と知りました。さらに歩を進めると、また一面薄いピンク色のお花畑が見つかりました。なんとホトケノザの群落でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 水を満々とたたえた広沢池を通過し、児神社で鳥合わせを行いました。今回はリーダーからタケノコが分けられました。鳥の数は少な目でしたが北嵯峨はやはり最高でした。                           北嵯峨平日探鳥会 2018年4月19日 N.H wrote

●見聞きした鳥 天候:
キジ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ケリ、トビ、カワセミ、コゲラ、サンショウクイ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、カワガラス、トラツグミ、クロツグミ、アカハラ、ツグミ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、アオジ 39種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2018/4/27

いよいよ待ちに待った夏鳥の季節  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 強い日差しで、今日は暑くなりそうです。Gリーダーのあいさつ、「水分を十分に摂って、熱中症に気をつけてください」の言葉を聞いて出発しました。

クリックすると元のサイズで表示します

 白川通の交差点では、コシアカツバメの巣を間近に観察しました。またツバメやイワツバメも飛び交い、イソヒヨドリも現れました。鷺森(さぎのもり)神社境内で、Oリーダーが下見の時に拾ったオオルリの雄個体を見せてくれました。「やっとたどり着いたのに…」、見つめる人垣からこんな声がありました。バタフライガーデナーのGリーダーから、食草とそこに集まるチョウのお話を聞きました。

クリックすると元のサイズで表示します

 赤山禅院でトイレ休憩中にキビタキが現れ、早速、望遠鏡の出番です。梅谷川をさかのぼり、日陰に入るとひんやりとして一息つけます。オオルリ、コガラ、センダイムシクイの声がしてきます。横を歩いていたSOさんの「ヤブサメの声がします」の指摘。私には「???」聞こえません。その後、クロツグミも出て、きれいな声を楽しみました。
 折り返し点で休憩中、鳴いているのが同じクロツグミの声と思っていたのが、SAさんの「クロツグミではなく、ソウシチョウの声ではないか」と指摘があり、WEB図鑑の声を聞くとドンピシャリ。ぬかるみや倒木の山道を慎重に下る途中、埼玉から京都観光を兼ねて参加されたSUさんが「コサメビタキがいます」。
 鷺森神社に戻って木陰で鳥合わせ。夏鳥が一通り出て、36種の出現鳥を数え終了しました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 午後の自然観察会は、Gリーダーの案内でアサギマダラの蛹さなぎを見せてもらったあと、音羽川に沿ってダム上部まで野草やチョウ、トンボ、クモ、カエルなど里山に暮らす生き物を見ながら歩きました。曼殊院の石垣で、Oリーダーから「キシノウエトタテグモ」を教えてもらいました。石垣の隙間に巣を作り、その入り口に戸を立て、近づいた獲物を捕えるのだそうです。「戸に触れると内側から引っ張っていますよ」。京都府では準絶滅危惧種になっています。                          梅谷川早朝探鳥会 2018年4月22日(J)

●見聞きした鳥 天候: 晴れ
マガモ、キジバト、トビ、コゲラ、サンショウクイ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、センダイムシクイ、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、クロツグミ、コマドリ、イソヒヨドリ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、ソウシチョウ(移入種) 36種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2018/4/25

冬鳥と夏鳥の出会い   行事
クリックすると元のサイズで表示します

 2日前までは雨天中止を覚悟していましたが、当日は気持ちの良い天気。集合地点では、写真のように青空バックにカワウがV字編隊で飛んで行きます。御幸橋を渡る頃には汗ばむほど。

クリックすると元のサイズで表示します

 まず、2週間前には桜見物でごった返したであろう背割り堤へ。ウグイスやシジュウカラのさえずりを聞きながら葉桜のトンネルを探すと、スズメの群れの中にニュウナイスズメが混じっています。さらに、コゲラやイカル、シメも。背割り堤の突端では、ヨシガモやオカヨシガモも見られました。そして、復路ではキビタキが登場。まさに、タイトルどおり「夏鳥と冬鳥の出合い」となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

 桂川側の運動公園で昼食をとり、背割り堤とは違うワイルドな河畔林を歩くと、アオジ、ヒレンジャク(声のみ)も確認。ヒドリガモも2ペア見られました。そして、最後に農地にいるケリの親子を見ていると、反対側の河原にキジが。午前中、背割り堤から見た対岸の個体はじっくり観察できなかったのですが、こちらは写真のようにお立ち台に登って「見てちょうだい」といわんばかり。有終の美を飾ってくれました。            三川合流探鳥会 2018年4月14日 K.S wrote

●見聞きした鳥 天候:
キジ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ケリ、イカルチドリ、コチドリ、イソシギ、ユリカモメ、トビ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ヒレンジャク、ムクドリ、クロツグミ、シロハラ、ツグミ、キビタキ、ニュウナイスズメ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、シメ、イカル、ホオジロ、アオジ 49種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2018/4/23

春の山科疏水をハイキング  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 まず、高校の近くの川でカワガラスを探して見ました。けれどいなかったのでざんねんでしたが少し歩くとカワラヒワが見れてやっぱり来てよかったと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

 また歩いていくとアオサギのわかい方が見れてかんげきしました。川ぞいを歩いていくとキセキレイが見れました。

クリックすると元のサイズで表示します

 しゃしんもとったし、そうがんきょうで見たし、なにより初めて見れたのがうれしかったです。つぎはツメナガセキレイを見たいです。                  山科疏水探鳥会 2018年4月8日 K

クリックすると元のサイズで表示します

●見聞きした鳥 天候:
マガモ、キジバト、アオサギ、トビ、コゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、センダイムシクイ、エナガ、ツグミ、キビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、アオジ 25種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2018/4/20

桜並木でお花見探鳥会  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 初めて参加しました。最初少し緊張しましたが、みなさん優しく声をかけていただき、すぐになじむことができました。午前中のみ参加のつもりが後半の植物園までご一緒させてもらいました。
 昼食時、背後から手に持ったパンをトビに上手に取られるハプニングがありました。空を飛びながら一番ぼーっとしている人間を見分ける野鳥の賢さに感心してしまいました。
 野鳥や植物について驚いたこと、知ったことが満載の一日でした。楽しかったです。ありがとうございました。                           下鴨神社平日探鳥会 2018年4月4日 T

クリックすると元のサイズで表示します

●見聞きした鳥 天候:
オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、コチドリ、イソシギ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、カワラヒワ、シメ、イカル、ホオジロ、アオジ 40種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ