2020/10/29

久しぶりの京都御苑です!  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 再開後初の京都御苑探鳥会です。これ以上ない鳥見日和で、久しぶりの御苑ともあって、参加者の笑顔がマスク越しでも見て取れます。やっばり御苑に来ると気持ちがいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

 春夏にここを訪れぬまま秋になってしまいましたが、まだ夏鳥が残っています。コサメビタキとキビタキはエサ探しに夢中で十分に楽しませてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

 探鳥会前の下見ではエゾビタキも数カ所にいましたが、探鳥会では出てくれず残念。 上空では渡り途中と思われるノスリが1羽寂しくぐるぐると旋回していました。

クリックすると元のサイズで表示します

 冬鳥もだいたい到着済みのようで、ジョウビタキ、アトリ、シメなどを見ることが出来ました。まだまだ声だけで出てきてくれない鳥が多いですが、来月にはもう少し見られるようになるでしょう。
          京都御苑探鳥会 2020年10月25日 S.Y wrote 

クリックすると元のサイズで表示します

●見聞きした鳥 天候:
マガモ(1)、キジバト(1)、トビ(5)、オオタカ(1)、ノスリ(1)、コゲラ(3)、モズ(1)、ハシボソガラス(4)、ハシブトガラス、ヤマガラ(4)、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス(1)、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ(1)、ジョウビタキ(1)、コサメビタキ(1)、キビタキ(2)、スズメ、ハクセキレイ(3)、セグロセキレイ(2)、アトリ(100±)、カワラヒワ(3)、シメ(1)、イカル、ドバト(7)、ムシクイsp.(1)、sp.除く 28種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2020/10/27

久しぶりの鴨川探鳥  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 残暑厳しき折なのに、コロナ対策で参加人数を抑え、全員マスクをつけて探鳥開始。
 望遠鏡も使用止めでしたが、そんな物を使うまでもなく、餌付されたマガモ(アヒル混じりの個体多し)の大集団が目の前の土手に並び、目を川面に移せばマガモが大げんか中。

クリックすると元のサイズで表示します

 サギやセキレイ、イソシギ、イカルチドリ、夏の名残のコシアカツバメなどを見ながら進むと、暗きょと化した太田川との合流点からカワセミ出現!

クリックすると元のサイズで表示します

 対岸へ飛んだけれど、そこで流れにダイブして魚を捕る様子も観察できました。めでたし、めでたし。
            鴨川探鳥会 2020年9月12日 カジタマナブ

●見聞きした鳥 天候:
マガモ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、イカルチドリ、イソシギ、トビ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、ドバト 計22種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2020/10/23

秋の田園風景  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 京都で平安時代から名勝地として名高い大覚寺は鳥が喜ぶ森や林に囲まれています。
 大沢の池には度重なる台風の影響か冬鳥のカモ類の姿がありません。それでも唯一活動するカイツブリが、潜水後どこに姿を見せるか探すのも面白いです。
 小倉百人一首の歌枕で有名な名古曽の滝跡を見て歩を進め、春にはムクドリでにぎわう赤い立派な宝塔を後に北嵯峨の田園に出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

 モズの高鳴きを遠くに聞き、コシアカツバメやイワツバメが乱舞する空を見上げ、先月見つけられなかったノビタキを探します。 この鳥は杭の上でいわゆるノビタキ行動というのを見せるので、杭の多い所を辛抱強く探していきました。
 「いた、いた」の声。杭の上から飛び出し、またもどります。探していた鳥が見つかった時のあの安心感と秋の微風が心地よいです。
 間もなく冬鳥たちでにぎわう広沢の池には、やっとキンクロハジロが15羽水面に浮かんでいます。
 振り向くと愛宕山をバックにコスモスが満開でした。ああーやっぱり北嵯峨は素晴らしいですね!!                             北嵯峨平日探鳥会 2020年10月15日 T wrote

●見聞きした鳥 天候:
カイツブリ(2)、キジバト(3)、カワウ(10)、アオサギ(4)、ダイサギ(5)、ミサゴ(1)、トビ(6)、カワセミ(1)、モズ(20)、ハシボソガラス(2)、ハシブトガラス(5)、シジュウカラ(5)、コシアカツバメ(20)、ヒヨドリ(30)、ウグイス(1)、エナガ(5)、メジロ(6)、ムクドリ(3)、ジョウビタキ(1)、ノビタキ(5)、スズメ(30)、キセキレイ(1)、ハクセキレイ(15)、セグロセキレイ(19)、イカル(10)、ホオジロ(1)、キンクロハジロ(15)、カワガラス(1)、イワツバメ(40)、ショウドウツバメ(20)、イソヒヨドリ(1)、ドバト(4)32種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2020/10/10

下鴨神社平日探鳥会  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 10月になり、涼しくさわやかな秋らしい鳥見日和となりました。鴨川では、数はまだ少ないですが、ヒドリガモ、オナガガモ、マガモなど早くも渡ってきたカモたちがエクリプスの姿を見せてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

 イソシギやイカルチドリもかわいたしい姿を見せてくれました。初心者の方が3名おられましたが、望遠鏡が使えないので遠い鳥は少し見にくかったものの、たくさんのカモ類やサギ類などをじっくり観察していただきました。                                  下鴨神社平日探鳥会 2020年10月6日 H.O wrote

クリックすると元のサイズで表示します


●見聞きした鳥 天候:
ヒドリガモ(4)、マガモ(6)、カルガモ(8)、オナガガモ(1)、コガモ(2)、キジバト(3)、カワウ(1)、アオサギ(12)、ダイサギ(10)、コサギ(8)、イカルチドリ(1)、イソシギ(1)、トビ(11)、ハシボソガラス(10)、ハシブトガラス(15)、シジュウカラ(8)、ヒヨドリ(55)、エナガ(5)、メジロ(8)、ムクドリ(30)、スズメ(50)、キセキレイ(1)、ハクセキレイ(2)、セグロセキレイ(16)、カワラヒワ(1)、イカル(7)、ノビタキ(2)、ドバト(26) 28種

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ