2021/7/29

『そんぐぽすと』231 (8月〜9月号)   行事
クリックすると元のサイズで表示します

 京都支部の会員誌『そんぐぽすと』231号(8月〜9月号)を発行しました。今号も4ページ増の36ページ構成です。

クリックすると元のサイズで表示します

 特集は「タカの渡り」。岩間山での20年におよぶ調査を振り返り、羽数や1日最大羽数の変遷、種類の内訳などを紹介しました。 また、毎年米国ミネソタ州ホークリッジでタカの渡りを観察している会員に現地の様子をレポートしていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 珍鳥のメッカ・舳倉島に25年間通い続けた会員による「舳倉島よもやま話」も最終回。マミジロキビタキ、マミジロノビタキなどの撮影秘話が寄稿されています。

クリックすると元のサイズで表示します

 長らくコロナで探鳥会などの活動が制限されていますが、ロックダウンで騒音がなくなったために鳥のさえずりが変化したという海外の研究報告などを「コロナで変容した鳥の生態とバードウォッチング」として紹介。日本とは逆に、コロナによってバードウォッチャーが増えたドイツやオーストラリアの事例も取り上げています。広報部



                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2021/7/22

留鳥をじっくり観察してみましょう  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 久し振りの探鳥会でした。週平均の新規感染者が30人を超えると中止になるということでヤキモキしましたが、29.3人で何とか開催にこぎつけました。

クリックすると元のサイズで表示します

 鳥の方は7月ということもあって少なかったです。それでも何種類かの幼鳥が楽しませてくれたり、ヤブミョウガが満開だったり、たくさんのキノコがあったりなど、鳥以外でも見どころはいろいろとありました。

クリックすると元のサイズで表示します

 この時期の目玉はやはりアオバズク。前日の下見では1カ所目で巣立ちした3羽と親を確認していたのに見えず、2カ所目で親鳥を確認できました。ここでの巣立ちはもう間もなくでしょう。
            京都御苑探鳥会 2021年7月18日 K.I wrote

クリックすると元のサイズで表示します

●見聞きした鳥
キジバト、トビ、アオバズク、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ドバト キジバト、トビ、アオバズク、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ドバト 19種 

クリックすると元のサイズで表示します





                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ