2022/1/9

鴨川探鳥会  行事
クリックすると元のサイズで表示します

 今回の探鳥会は丸太町橋から上流に向かうA班と下流に向かうB班とし、A班は河川沿いの樹木が伐採され、少し寂しい鴨川上流で探鳥開始。

クリックすると元のサイズで表示します

 魚を追うカワアイサ。そのおこぼれを狙いコサギが多数群がる騒がしさに、なぜかマガモも混じっている。こういう時はどさくさ紛れにカモも魚を捕食するんだよねと話しつつ進む。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここでよく見りゃわかるクイズ「カルガモの下嘴はどんな色、真っ黒?真っ黄?それとも上嘴と同じで先端だけ黄色?」。じっくり観察した人は、ちゃんと正解できました。

クリックすると元のサイズで表示します

 久しぶりのツグミ、オカヨシガモ夫妻、草むしりするヒドリガモも観察して、無事に終了。
         鴨川探鳥会(A班) 2021年12月12日 カジタマナブ

クリックすると元のサイズで表示します

●見聞きした鳥(A班+B班)
ヨシガモ1、オカヨシガモ2、ヒドリガモ52、マガモ44 、カルガモ4、オナガガモ2、コガモ21、キンクロハジロ2、カワアイサ21、キジバト1、カワウ8、アオサギ1+、ダイサギ6、コサギ63、オオバン9、イカルチドリ9、イソシギ4、トビ17、ハイタカ1、カワセミ1、ハシボソガラス2+、ハシブトガラス、シジュウカラ4、ヒヨドリ11、メジロ2、ムクドリ40、ツグミ1、ジョウビタキ1、スズメ191、キセキレイ2、ハクセキレイ8、セグロセキレイ11、カワラヒワ2、ドバト70+ 34種
 終了後にA班でカイツブリ(1)を確認。マガモ(22)には、アヒルや合鴨との交雑個体も混じっているかも

クリックすると元のサイズで表示します




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ