2010/11/26

巨椋にウズラクイナ出現  調査・研究
クリックすると元のサイズで表示します
        ウズラクイナ(英名: Corncrake) Crex crex クイナ科

10月中旬、巨椋干拓田にウズラクイナが出現しました。日本では2例目という極めて珍しいお客様がはるばる京都を訪ねて来られたわけです。
「フィールドガイド」をはじめ一般の図鑑には掲載されていませんが、ウィキペディアによると、クイナ科に属して本種のみでウズラクイナ属を構成し、学名は鳴き声に由来するCrex crex。夏にヨーロッパから西アジアで繁殖し、冬にアフリカ大陸に南下するそうです。
現在はすでに飛去して巨椋にはおりませんが、貴重な姿を写真でご覧ください。Photograph by A.N (wbsj Kyoto)

クリックすると元のサイズで表示します
  
         Copyright(C)WBSJ Kyoto, All Rights Reserved.


                次の観察会は「探鳥会ガイド」をクリック

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ