2018/7/11

大雨  生態
クリックすると元のサイズで表示します

 あまりにも被害が甚大で、軽々しくふれる気がしないのですが、とりあえず身近な鴨川の鳥たちについて。
 人と違って本能だけで対処する野生生物にとって、こんな場合木々や寄り洲の草はらがとても重要なんですが、とにかくなんとか対応したのでしょう、孤独な戦いにみえます。

クリックすると元のサイズで表示します

 水量の増したあくる日のアオサギです、羽がじとじとです、一晩耐えて過ごしたのでしょうね。それでも日々の糧を求めて佇んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

 かもたちは流されます、この時期幸いにも水鳥は少ないのですが、幼い子供達をかかえたカルガモ、どこへ避難してたんでしょう、心配していました。
 親鳥は自分の経験を生かして子育てをしているのが痛いほど解ります。無事でよかった。

クリックすると元のサイズで表示します




                次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/11/3

秋で〜す!  生態
  やっと気持ちのよい秋の空になりました。
  土手のサクラもすっかり紅葉し、早くも冬姿になった木もあります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


  コガモが3羽、カルガモのあとを追っています。

クリックすると元のサイズで表示します


  ヒドリガモの落ち穂拾いも始まり、近くからカメラを向けても逃げ ません。
  この辺りは生い茂っていたメヒシバが枯れてたくさんの実を落とし ているのです。
  中州にいるよりも採餌の効率が良いのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します


  マンションの生け垣のソヨゴもかわいい真っ赤な実をつけました。

クリックすると元のサイズで表示します


  こちらはモチノキでしょうか?
  ソヨゴに似ていますが、実のつき方が違います。

クリックすると元のサイズで表示します


  ユリオプスデイジィもきれいに咲きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



  好天が続くと家の中にじっとしておれません。
  きょうは午後からお墓参りに行って来ました。
  あしたは美術館行きです。
  明後日は地域の防災訓練の日です。
  おお、いそがし。

                    散歩道は鴨川のほとりです。
            鳥、花、犬、人…、出会いはあれこれ、楽しい一日が始まります。
                            ブログ「あれこれ散歩道」より




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/10/24

増水  生態
クリックすると元のサイズで表示します

 時期はずれでもないらしいですね、大きな台風が通過しました。まず気にかかるのは、いつもお馴染みの鴨川の鳥たち。台風一過、当たり前ですが、すごい流れになってました。
 実は 4,5年まえ、子連れのカルガモがどんどん流されていくのを見たことがあります。洪水対策だとは思いますが、河岸はきっちり整備されてて寄るすべがないんですね、昔のようにちょっとした茂みのようなものがあれば水鳥たちも避難できるのですが、ま、仕方ないとはいえ。

クリックすると元のサイズで表示します

 町はほとんど完全に舗装されてて地中に雨水が浸み込まないし、下水道も完璧、一挙に排水されて川の水量がいっきに増えます。
 枚方の駅近くで、夕立に合い、恐ろしいほどの速さで水かさが増えるのをみたことがあります。鴨川もその例にもれないのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

 四条大橋近くの料亭の屋根からサギが濁流みてました。大型の鳥はこんな時でもけっこう平気で餌とりできますね、セキレイ類も主に水辺に住んでいるってだけで、わりと自由自在。

クリックすると元のサイズで表示します

 この日、カモたちの姿を見ることはありませんでした。



                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/9/29

秋いろいろ2  生態
  日の傾く4時頃、いつもの道を歩きました。
  朝、気づかなかったのがウスギモクセイ。
  無惨にも大きく剪定されて、今年はいい香りも期待できなさそうで す。
  となりのキンモクセイもやられていました。

クリックすると元のサイズで表示します

  もうじき花が咲くという時季にです。

クリックすると元のサイズで表示します


  影の長くなった道を歩くと、メリケンカルカヤが群生しています。
  昨日は小さかったのにすぐ大きくなります。
  夕日に映えて緑がきれいです。

クリックすると元のサイズで表示します


  木の実も色づき始めました。
  エノキの小さい実が赤くなっています。

クリックすると元のサイズで表示します


  ムクノキの実はまだ青いですが、そのうち黒くなるでしょう。
  食べてみるとやや甘く、ムクドリが好んで食べますね。

クリックすると元のサイズで表示します


  河川敷の草刈り前の状態。
  今年はキンエノコロが、エノコログサに代わって大きく巾を利かせ ています。
  朝のキンエノコロ。

クリックすると元のサイズで表示します

  こちらは夕方のキンエノコロ。

クリックすると元のサイズで表示します

  同じ草なのに、光の当たり具合でこうも違うのですね。
  キンエノコロは見方によって金色?に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します


  ご近所のヨルガオがきれいに咲いています。
  この花は葉っぱに遠慮して?ちょっと歪んでますね。

クリックすると元のサイズで表示します


                    散歩道は鴨川のほとりです。
            鳥、花、犬、人…、出会いはあれこれ、楽しい一日が始まります。
                            ブログ「あれこれ散歩道」より




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック

2017/9/25

秋いろいろ  生態
  からっとして風もあり、爽やかなので午後3時、日陰に沿って川端 通を歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します

  センダンの枝の一部が黄葉してとなりのイチョウとの緑の濃淡がき れいです。

  さほど大きくもないイチョウの木に実がぎっしりとついて、まさに 、実りの秋。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


  岸辺にははやヒガンバナが満開には少し早いので、アシの陰で遠慮 がちに咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します

  お彼岸の頃には岸辺が転々と赤く染まります。

  オギの穂もいよいよ銀色に映え、風がやさしく頭を撫ぜていきます 。

クリックすると元のサイズで表示します

  下は枯れかかったオギの穂です。
  ススキには一つ一つの小さい穂に1本の長いノギがありますが、オギにはこれがありません。

クリックすると元のサイズで表示します


  勢い良く流れる堰の下ではダイサギとコサギが餌を狙っています。

クリックすると元のサイズで表示します



  (ダイサギ君、横を向いてしまった、残念!)

                    散歩道は鴨川のほとりです。
            鳥、花、犬、人…、出会いはあれこれ、楽しい一日が始まります。
                            ブログ「あれこれ散歩道」より




                 次の観察会は「探鳥会案内」をクリック


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ