2004/9/20  19:04

槍ヶ岳・豪華なボッカ訓練 2  穂高岳周辺

横尾にて

 上高地6:10出発から断続的に小雨模様の天候となったが、ほとんどノンストップで横尾山荘まで快調に足を伸ばした。槍ヶ岳のメインルートだけあって踏み跡は非常に明瞭かつ整備も万全の平坦な登山道が槍沢ロッジまで続く。

クリックすると元のサイズで表示します
ババ平とガス湧く東鎌尾根

 槍沢ロッジで降っていた雨もババ平に到着する頃には止み、正面に東鎌尾根がガスの切れ間から姿を現した。しかし束の間の展望も水俣乗越分岐までくると再び降雨となり、槍ヶ岳はおろかモレーン丘も見えなくなり写真どころではない天候が夕刻まで続いた。

クリックすると元のサイズで表示します
水俣乗越への分岐

 翌日撮影した水俣乗越への指導標。20分で水俣乗越より下ったが、通常なら登りに1時間、下りに30分強の行程と思われる

クリックすると元のサイズで表示します
天狗の腰掛と北鎌沢のコル

 槍沢を下るのも芸がないし、天狗の池経由で下山しても展望を望めないため、偵察登山を兼ねて東鎌尾根経由で下山を開始した。
 独標上部から槍ヶ岳山頂はガスで姿を終始隠したまま、時折見えた天狗の腰掛と北鎌沢のコルをすかさず撮影した。

クリックすると元のサイズで表示します
季節の移り変わり

 東鎌尾根上部這い松帯にて雷鳥を発見。親子か夫婦かは不明、すでに冬仕度の白い毛が生え始めていた。
 
クリックすると元のサイズで表示します
天上沢俯瞰

 槍ヶ岳一帯は標高2500bを境に下界は晴れ間がのぞき、東鎌尾根より天上沢の全容を偵察することができた。残雪がなければ平凡な沢に過ぎず、現在は廃道の?かつて高瀬から水俣乗越に通じていた天上沢コースをしのばせる。

クリックすると元のサイズで表示します
森林限界付近の紅葉

 槍ヶ岳はすでに暑い夏が終わり朝夕は降雪を迎えても不思議でないほど気温が低下、東鎌尾根上部のナナカマドなど紅葉はすでに始まっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
東鎌尾根より表銀座縦走路
クリックすると元のサイズで表示します 1分前の東鎌尾根

 二人ともシグマシューズをやめられない

クリックすると元のサイズで表示します
水俣乗越の紅葉始まる

 水俣乗越に設置されている指導標。
クリックすると元のサイズで表示します
水俣乗越より天上沢の俯瞰

 水俣乗越から北鎌沢出合への踏跡は雨水の通り道となり深くえぐれていた。わずかに下ると、かなり下まで雪渓の消えたガレ場が一直線に落ちており、右岸の潅木帯へと踏跡が続いている。また、雪渓のすぐ脇に潅木が茂っているので、うまく利用すればアイゼンも不要でかつ、直線的に下れるはずだ。
 写真上部、間の沢の河原が広くなっている部分が水俣乗越との合流点
0

2004/9/12  10:12

木曾駒ケ岳の花  中央アルプス

クリックすると元のサイズで表示します
木曾駒ケ岳千畳敷遊歩道脇に咲く高山の花です

 登山=初心者向
 超初心者向きの登山コースです。山の天候は急変しますので、雨具と防寒具だけはお忘れなく! 
 隣の宝剣岳は鎖の設置されている岩場の登降がありますので、高所恐怖症のかたはご注意
1

2004/9/12  8:58

北海道利尻島・利尻山の山頂です  北海道山系

 現在、利尻山南峰は登山道崩落のため登頂禁止の措置がとられています。北峰も登ると登山道が崩れるような状態なので、登頂に興味のあるかたはお早めに計画実行を!
クリックすると元のサイズで表示します
稚内港より沓形港へ乗船中にて

クリックすると元のサイズで表示します
沓形登山口にて

クリックすると元のサイズで表示します
避難小屋の宿泊可能人数は15人程度か

クリックすると元のサイズで表示します
キスゲ

クリックすると元のサイズで表示します
三眺山より利尻山頂

クリックすると元のサイズで表示します
廃道の仙法志ルート岩稜
崩れやすい砂岩質のため、厳冬期以外は通行不能と思われる

クリックすると元のサイズで表示します
名の如く眺めがよい

クリックすると元のサイズで表示します
親知らず子知らず
落石の頻発する箇所だが技術的には容易
クリックすると元のサイズで表示します
一等三角点の埋設された祠がある

クリックすると元のサイズで表示します
利尻山山頂よりローソク岩と利尻山南峰を望む

クリックすると元のサイズで表示します
撮影スポットより利尻山

 参考タイム
 沓形登山口(5:40)7合目避難小屋(7:00)三眺山(9:00)利尻山(10:40)20分休憩後下山。利尻北麓野営場(13:10)利尻富士温泉湯元(13:50)
下りの苦手な方は下山コースタイムは参照程度に
 登山=中級者向(やや行程が長いため)
0

2004/9/9  19:45

長野県妙高戸隠山  頚城山系

クリックすると元のサイズで表示します
妙高戸隠山・蟻ノ戸渡です

 登山=熟達者向
 参考タイム
戸隠神社(6:00)八方睨(10:10)P1(13:50)無念峰(14:40)鏡池分岐(17:30)車道(19:00)
 妙高戸隠山は善光寺の北方に位置する岩山で、特に9月下旬から10月上旬にかけて紅葉が全山を染める素晴らしいアルペン風景を楽しめます。また、下山後の温泉と戸隠そばも楽しみです。
 峨々たる巌を連ねた妙高戸隠山は八方睨で右へ行く表コースと左への縦走コースに分かれます。表コースは初・中級者向ですが、写真の蟻ノ戸渡を通過しなければなりません。安全な巻き道が復旧するまでは経験者と同行のうえ、ザイルを持参したほうが無難でしょう
 八方睨から本院岳方面の縦走コースはバリエーションルートと言っても過言ではなく、踏跡は下草に隠れ、写真のものより少し幅広の蟻ノ戸渡、不帰、無念峰の岩場など危うい登山道の連続です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ