2011/9/12  9:23

栃木・足尾山塊・鋸山  関東周辺の山

庚申山荘と庚申山クリックすると元のサイズで表示します

 マイカーを利用して栃木県の足尾銅山跡より銀山平まで。展望も利かない俗化した皇海山には全く興味がないので、六林班峠経由で一周するルートを歩くことにした。


 丹沢やアルプスの登山地図に記載されているコースタイム以内で休憩も含めて歩ける私の脚力は「そこそこ」と自負しているのだが、足尾山塊は栃木県側から入山すると予想以上に山が深い。

 庚申山より鋸山に至るルートは登山道を覆う身の丈ほどの密笹地帯と火山岩質のボロボロの岩場ルートが交互に続き、迷った踏み跡が各所にあるため、初心者だけのパーティーには危険である。また、大雨による登山道崩壊も今後予想されるので、20m程度の補助ロープを持参したほうが無難と思われる。

前日、庚申山荘に泊まり早朝から仕度をしていると、若者がヘッドライトをたよりに銀山平から夜道を単独で登ってきた。薄暮から早朝にかけては野生動物の行動時間帯で、危険な行動と思うのは私だけであろうか。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ