2016/10/10  15:27

伯耆大山・撮影登山  四国、九州

中国地方の最高峰・伯耆大山

 大山は角閃安山岩を構成地質とし非常に脆く、主峰の弥山は昭和39年に1713mあった標高が融凍期に激しい崩壊を繰り返し現在1709mとなっている。
 標高800mの麓近くまで道路が整備され、無雪期なら小学生でも登ることができる。

2016/10/9 自宅-羽田-出雲空港-大山バックパッカーズ(泊)
自炊用具もあり登山基地として利用価値がある
クリックすると元のサイズで表示します

2016/10/10 伯耆大山登山&撮影-米子(泊)
円錐形の伯耆富士
クリックすると元のサイズで表示します

日本海が見える行者道分岐上の見晴し

クリックすると元のサイズで表示します

木の間より大山北壁
クリックすると元のサイズで表示します

6合目避難小屋より大山北壁
クリックすると元のサイズで表示します

色づき始めたナナカマド
クリックすると元のサイズで表示します

9合目付近より弓ヶ浜
クリックすると元のサイズで表示します

ダイセンキャラボクの赤い実
クリックすると元のサイズで表示します
日本の特別天然記念物に指定されているダイセンキャラボクはイチイ科の植物で、木の高さは1〜2m。根本から幹と枝が横に広く張っており、秋には雌木に赤く丸い実をつけます。

弥山山頂より剣が峰方面
クリックすると元のサイズで表示します

山頂付近のダイセンキャラボク純林
クリックすると元のサイズで表示します

元谷小屋より三鈷峰
クリックすると元のサイズで表示します

元谷小屋前河原より大山北壁・大屏風岩
クリックすると元のサイズで表示します

大山寺脇の金門
クリックすると元のサイズで表示します

2016/10/11 (泊)-出雲空港-羽田・帰宅
宍道湖
クリックすると元のサイズで表示します

出雲空港にて
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
WEBサイトの写真を参考に拝借しました。

崩落により主峰から剣が峰を経由する縦走登山は立ち入り禁止の措置がとられているため、写真の「剣が峰から槍尾根(たぶん)」の撮影はできない
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ