2012/10/8  7:58

霞沢岳  穂高岳周辺

 バス道路が梓川沿いに開通する以前は岳人が槍・穂高を目指し、この徳本峠を越えたと言われる古典的ルートを辿ってみた。
 島々谷はクリ、クヌギ、栃の実が多く野生動物が生息する環境も保たれている。雨天の沢沿いでは鈴の音が消されてしまうので、遭遇を避けるためホイッスルが効果的
名古屋から来たという馬力のある単独行の女性と同一ルートを登り、より楽しい登山となった。帰りは静岡から来たという若者2人と定番の竜島温泉へ。見知らぬ人たちとの出会いも醍醐味のひとつ
島々谷二股
クリックすると元のサイズで表示します
上高地へ向かう途中の島々宿から島々林道を二股まで。車の場合は車止めゲートの手前広場まで入ることができる。
岩魚留小屋
クリックすると元のサイズで表示します
昔ながらの雰囲気が漂う岩魚留小屋
岩魚留ノ滝
クリックすると元のサイズで表示します
岩魚留小屋以奥の登山道は増水時でも通行できるように高巻が多く、晴天の下では河原沿いを辿るほうが早いかもしれない。
徳本峠小屋より明神・前穂高
クリックすると元のサイズで表示します
標高約900mの島々谷二股から標高2135mの徳本峠まで1日を要する
展望台より新雪の穂高連峰
クリックすると元のサイズで表示します
峠では夜降雨に遭ったので期待をしていたとおり、運よく新雪の穂高を見ることができた。
小湿地帯
クリックすると元のサイズで表示します
霞沢岳への登山道は想像以上に整備されている
ジャンクションピーク付近より霞沢岳方面
クリックすると元のサイズで表示します
K1ピーク手前より穂高岳
クリックすると元のサイズで表示します
当初の目的だった北穂東稜を敢行しなくて良かったかな
K1ピーク
クリックすると元のサイズで表示します
K2ピークと霞沢岳
クリックすると元のサイズで表示します
霞沢岳山頂より上高地
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ