2011/9/12  9:23

栃木・足尾山塊・鋸山  関東周辺の山

庚申山荘と庚申山クリックすると元のサイズで表示します

 マイカーを利用して栃木県の足尾銅山跡より銀山平まで。展望も利かない俗化した皇海山には全く興味がないので、六林班峠経由で一周するルートを歩くことにした。


 丹沢やアルプスの登山地図に記載されているコースタイム以内で休憩も含めて歩ける私の脚力は「そこそこ」と自負しているのだが、足尾山塊は栃木県側から入山すると予想以上に山が深い。

 庚申山より鋸山に至るルートは登山道を覆う身の丈ほどの密笹地帯と火山岩質のボロボロの岩場ルートが交互に続き、迷った踏み跡が各所にあるため、初心者だけのパーティーには危険である。また、大雨による登山道崩壊も今後予想されるので、20m程度の補助ロープを持参したほうが無難と思われる。

前日、庚申山荘に泊まり早朝から仕度をしていると、若者がヘッドライトをたよりに銀山平から夜道を単独で登ってきた。薄暮から早朝にかけては野生動物の行動時間帯で、危険な行動と思うのは私だけであろうか。

0

2010/8/27  23:20

黒部川・赤木沢遡行  沢登り

真夏は沢登が最高!

赤木沢遡行は初心者同行の場合のみ要ザイル。20〜30mの補助ロープは念のため持参したい。

黒部川・奥の廊下
クリックすると元のサイズで表示します
黒部川・奥の廊下
クリックすると元のサイズで表示します
赤木沢出合の大瀞
クリックすると元のサイズで表示します
徒渉
クリックすると元のサイズで表示します
赤木沢・ナメ滝
クリックすると元のサイズで表示します
赤木沢・ナメ滝
クリックすると元のサイズで表示します
赤木沢・大滝
クリックすると元のサイズで表示します
源流帯
クリックすると元のサイズで表示します
赤木岳付近の草原帯
クリックすると元のサイズで表示します
一般縦走路より薬師岳
クリックすると元のサイズで表示します
14

2010/7/20  19:30

南アルプス・仙丈岳  南アルプス

クリックすると元のサイズで表示します
ハイキング気分でお気楽登山。
文明の利器をフル活用し北沢峠までバス利用

クリックすると元のサイズで表示します
無雪期の仙丈岳は初めて

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり高山に吹く風は天然のクーラー!!気分爽快だった

クリックすると元のサイズで表示します
たるんだ肉体である
8

2009/10/25  15:53

ルンルン・ハイキング  ハイキング

ジジイ?になっても登れそうだったので残しておいた山頂!尾瀬・至仏山の山頂付近
登山者の絶対数が多いせいか、岩が磨耗して滑ること!!
クリックすると元のサイズで表示します

鳩待峠より往復3時間!ルンルン気分で登れた
クリックすると元のサイズで表示します

すでに山頂付近は落ち葉模様であったが下界はまだ紅葉真っ盛り
クリックすると元のサイズで表示します
3

2007/10/6  0:01

お気楽ハイキング  頚城山系

降水確率70%の天気予報に戦意を喪失し、急遽剣岳北方稜線から雨飾山へ変更クリックすると元のサイズで表示します

荒菅沢より雨飾山・お気楽ハイキングとなった
クリックすると元のサイズで表示します

荒菅沢遡行を!と提言したが戦意喪失で一般道を登る
クリックすると元のサイズで表示します

登山口より2時間足らずで雨飾山山頂に至る
クリックすると元のサイズで表示します


笹平はようやく紅葉が始まったばかり
クリックすると元のサイズで表示します

山頂より日本海を望む。
クリックすると元のサイズで表示します

山頂より焼山、火打山が良く見えた
クリックすると元のサイズで表示します

登山口ではススキの穂が満開となっていた
クリックすると元のサイズで表示します

ご多聞にもれず、雨飾山登山口にも熊出没注意の看板があった。わずか数グラムの果物の皮や残飯を捨てる身勝手な登山者がいなければ、出没するはずもない場所なのに!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ