2014/12/14  21:01

物語山  関東周辺の山

下仁田駅より荒船山へ向かう途中、西上州西部に位置する洒落た山名の物語山は、我々たる巌を誇る妙義山や高岩のような岩場もなく、その山頂を踏むことができる

西上州・物語山へ
クリックすると元のサイズで表示します
山はクマの棲家、出没するのは人間。
食糧、残飯を捨てないのは当たり前。
是非とも遭遇することのないよう鈴やホイッスルを携行されたい。


メンベ岩
クリックすると元のサイズで表示します
西上州特有の針峰

荒船山
クリックすると元のサイズで表示します
荒船と命名した人は感性にあふれている
要所にはビンク色のテープがあり迷うことはない・・だろう


物語山山頂
クリックすると元のサイズで表示します
鎖場はなく格好のハイキングコース。登山口より荒れた林道を登ること1時間弱で左の山腹に取り付く道標があり、踏み跡を追えば山頂に至る。
山頂からは妙義山や浅間山の眺望を楽しめる


クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/12/9  20:18

忘年会散歩  関東周辺の山


クリックすると元のサイズで表示します

マメガタ峠にて
クリックすると元のサイズで表示します

マメガタ峠より妙義山
クリックすると元のサイズで表示します

鹿岳を仰ぐ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/11/24  19:11

下仁田葱調達ハイキング  関東周辺の山

1980年代後半から毎年登り続け、ガイドブックに記載されている西上州の峰々もコースの大半を登り尽くしてしまった。なんとなく下仁田葱と下仁田こんにゃくを調達するついでに登る感がある。今年は単独でブラっと荒船山を歩くかな

上小坂付近より金鶏山と筆頭岩
クリックすると元のサイズで表示します
と思って行ったが、ドライブ&完全なる葱調達となってしまった。

金洞山と鷹戻し
クリックすると元のサイズで表示します
やはり長年通った妙義山を見ずして帰る訳にはいかぬ・・・てなことで妙義山麓をドライブした

金洞山と星穴岳
クリックすると元のサイズで表示します
霞沢岳へ行く直前に新調した一眼レフもどきの「canon power shot sx500is」で望遠撮影をしてみた。

表妙義全景
クリックすると元のサイズで表示します
最近、山へ誘っても行けなくなったとか・・煩わしくなってきたので単独で登る予定であったが、宿を2人分予約していたため、やむを得ず運動神経ゼロに限りなく近いカミさんを連れて行った。
単独で山登りをしているうちに、車が無くなる(乗って帰られそうな)のであきらめた。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/12/17  8:53

秩父・二子山  関東周辺の山

忘年会登山2011年、二日前に降った雪が東面の登山道を覆い12月らしい気温のもと秩父二子山を目指した。
当初予定していた東岳往復と魚道峠からの下山を中止し、西岳往復のみとなった。しかも上級コースへとりついたものの、一抹の不安を感じ一般コースから山頂を目指すハメとなった。

小鹿野へ向かう国道299号線より二子山
クリックすると元のサイズで表示します
せっかく準備したヘルメットだったので持参した
クリックすると元のサイズで表示します
たっちょる!
クリックすると元のサイズで表示します
きれちょる!
クリックすると元のサイズで表示します
老けてきた
クリックすると元のサイズで表示します
3

2011/9/12  9:23

栃木・足尾山塊・鋸山  関東周辺の山

庚申山荘と庚申山クリックすると元のサイズで表示します

 マイカーを利用して栃木県の足尾銅山跡より銀山平まで。展望も利かない俗化した皇海山には全く興味がないので、六林班峠経由で一周するルートを歩くことにした。


 丹沢やアルプスの登山地図に記載されているコースタイム以内で休憩も含めて歩ける私の脚力は「そこそこ」と自負しているのだが、足尾山塊は栃木県側から入山すると予想以上に山が深い。

 庚申山より鋸山に至るルートは登山道を覆う身の丈ほどの密笹地帯と火山岩質のボロボロの岩場ルートが交互に続き、迷った踏み跡が各所にあるため、初心者だけのパーティーには危険である。また、大雨による登山道崩壊も今後予想されるので、20m程度の補助ロープを持参したほうが無難と思われる。

前日、庚申山荘に泊まり早朝から仕度をしていると、若者がヘッドライトをたよりに銀山平から夜道を単独で登ってきた。薄暮から早朝にかけては野生動物の行動時間帯で、危険な行動と思うのは私だけであろうか。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ