2016/10/10  15:27

伯耆大山・撮影登山  四国、九州

中国地方の最高峰・伯耆大山

 大山は角閃安山岩を構成地質とし非常に脆く、主峰の弥山は昭和39年に1713mあった標高が融凍期に激しい崩壊を繰り返し現在1709mとなっている。
 標高800mの麓近くまで道路が整備され、無雪期なら小学生でも登ることができる。

2016/10/9 自宅-羽田-出雲空港-大山バックパッカーズ(泊)
自炊用具もあり登山基地として利用価値がある
クリックすると元のサイズで表示します

2016/10/10 伯耆大山登山&撮影-米子(泊)
円錐形の伯耆富士
クリックすると元のサイズで表示します

日本海が見える行者道分岐上の見晴し

クリックすると元のサイズで表示します

木の間より大山北壁
クリックすると元のサイズで表示します

6合目避難小屋より大山北壁
クリックすると元のサイズで表示します

色づき始めたナナカマド
クリックすると元のサイズで表示します

9合目付近より弓ヶ浜
クリックすると元のサイズで表示します

ダイセンキャラボクの赤い実
クリックすると元のサイズで表示します
日本の特別天然記念物に指定されているダイセンキャラボクはイチイ科の植物で、木の高さは1〜2m。根本から幹と枝が横に広く張っており、秋には雌木に赤く丸い実をつけます。

弥山山頂より剣が峰方面
クリックすると元のサイズで表示します

山頂付近のダイセンキャラボク純林
クリックすると元のサイズで表示します

元谷小屋より三鈷峰
クリックすると元のサイズで表示します

元谷小屋前河原より大山北壁・大屏風岩
クリックすると元のサイズで表示します

大山寺脇の金門
クリックすると元のサイズで表示します

2016/10/11 (泊)-出雲空港-羽田・帰宅
宍道湖
クリックすると元のサイズで表示します

出雲空港にて
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
WEBサイトの写真を参考に拝借しました。

崩落により主峰から剣が峰を経由する縦走登山は立ち入り禁止の措置がとられているため、写真の「剣が峰から槍尾根(たぶん)」の撮影はできない
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/6/7  19:05

ミヤマキリシマ咲く九重連山  四国、九州

今年も社内旅行のついでに九州・久住山

標高差456mお気楽ハイキングのルートゆえ、この時期は渋滞すること不可避かも。ついでに耶馬渓まで足をのばしてみた。
(参考タイム)
牧ノ戸峠(9:20) 久住山山頂(12:20) 牧ノ戸峠(13:40)

沓掛山付近
クリックすると元のサイズで表示します
登山口から急登の続く沓掛山までは登山道保全のためコンクリート敷きとなっている。

西千里付近
クリックすると元のサイズで表示します
文字通り平らな登山道

星生山分岐手前
クリックすると元のサイズで表示します
沓掛山の先の渋滞を抜けると、扇ケ鼻と星生山分岐まではスキップ状態の道が続く

久住別れより久住山山頂
クリックすると元のサイズで表示します
久住別れ手前には避難小屋とトイレがある

稜線より久住高原の俯瞰
クリックすると元のサイズで表示します

九州の最高峰・中岳
クリックすると元のサイズで表示します
百名山を登りたい・・とのご要望に応え、とりあえず久住山を登った。

噴煙あがる硫黄山
クリックすると元のサイズで表示します
北千里浜の水平道と草木の生長を許さない硫黄山

山頂より久住別れと星生山
クリックすると元のサイズで表示します
避難小屋の建つ平地はカルデラのような地形となっている

耶馬溪・恵比須岩展望台より競秀峰
クリックすると元のサイズで表示します
耶馬日田英彦山国定公園・奇岩が連なる耶馬溪の崖っぷちハイキングコース

耶馬溪・青ノ洞門とネコ男+弟子
クリックすると元のサイズで表示します
相変わらず太っちょる
一呑惚れした耶馬美人
クリックすると元のサイズで表示します
ネット注文してみた
クリックすると元のサイズで表示します
2

2013/6/8  23:22

四国・石鎚山  四国、九州

今年も社内旅行のついでに四国・石鎚山へ

ロープウェイに乗り、ご満悦のオヤジたち。皆さん太っちょる
クリックすると元のサイズで表示します

リフトに乗り、はしゃぐオヤジたちA、B
クリックすると元のサイズで表示します

試しの鎖で必死こくオヤジ@
クリックすると元のサイズで表示します

試しの鎖で不敵に笑うオヤジA
クリックすると元のサイズで表示します

試しの鎖の下降にて腕力に自信のあるのか?余裕のオヤジA
クリックすると元のサイズで表示します

峠より石鎚山山頂方面
クリックすると元のサイズで表示します

石鎚山稜線
クリックすると元のサイズで表示します

二の鎖に唯一挑戦したオヤジ@、残る二人は迂回路へ
クリックすると元のサイズで表示します

標高1982m 弥山山頂にてオヤジ@、A、B、C
クリックすると元のサイズで表示します

見慣れた風景ですが
クリックすると元のサイズで表示します

石鎚山山頂にて、結構切れちょる
クリックすると元のサイズで表示します

山頂から見た石鎚山の稜線
クリックすると元のサイズで表示します


【参考】

@ ロープウェイ駅より山頂までの標高差682メートル。登り二時間、下り一時間で可能

A 試しの鎖は濡れているうえに外傾しているので鎖に頼らないとキツイ。下降時の下部は ハングしているため注意。

B 山頂直下の1の鎖は現在通行止めとなっている。
クリックすると元のサイズで表示します
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ