2008/10/31  20:10

いよいよ出番  日記

わが家のエアコンは冷房専用の旧世代型なので、暖房はガスファンヒータを使用してる。気温の低かった今日、出しっぱなしになっていた扇風機に代わってセットした。
今年は極寒だという予報だけど・・・。
0

2008/10/30  18:30

半月ぶりに  日記

ウォーターベットに魅せられて整形外科のリハビリに繁く通っていたのも当初だけだったが、きょうは2週間ぶりに診察に出かけた。

このところ、膝も腰も具合が良くなかったが、外出した今日は歩行も苦痛だった。
風邪や雨の日などで、半月前にヒアルロン酸の注射とマッサージしたっきりだ。
マッサージの効果を思い知らされた。

自宅での膝の筋トレはやっているかと診察時に問われ「それなりに」と答えたところ効果がみられないと図星。やっていなかったもの・・・。
0

2008/10/30  15:30

父と子の旅路 (小杉健治著)  読書暦

この作品も再読。2003年1月刊行。

「生きていくことの いたましさと かなしさ」と帯に書かれているこの作品は、親と子の絆を考えてみるにあたって、子供を無事に育てていけるのか、親としての責任を果たせるのかという不安がつきまとう中で、何があっても子供だけは守っていかねばならないという作者の想いがが書かせた動機だという。

小説の形態としては冤罪事件を扱っているが、父の子を想う気持ちを際立たせるために惟までの冤罪事件と状況が異なっている。
0

2008/10/25  14:29

裁きの扉 (小杉健治著)  読書暦

法廷ミステリーの結構をとって物語が展開していくが、その根底には男と女の愛情のありようが基調として存在する作品で、1993年5月に刊行された。
0

2008/10/21  22:06

崖 (小杉健治著)  読書暦

1989年に刊行された作品で、法廷物やいわゆる社会派ミステリーに属さない珍しい悪女ミステリーである。20年ぶりの再読だ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ