2008/12/1  0:04

カレンダー  日記

12月ともなれば銀行の店頭にサービス用のカレンダーが備えられる。それを携えて歩く人も少なからず見かけ、「今年も残り少なくなった」と感慨に一入。

ただのものはありがたく頂くようにしているが、この大判のカレンダーだけは遠慮している。それというのも兎小屋のような我が家では、貼る場所に苦慮するからである。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ