2011/6/21  23:34

辛抱たまらんわ  日記



今日の当地は湿度も高く、蒸し暑いのにからきし弱いボクにとっては酷な一日だった。
我慢は夕刻には切れて、稼働24年目になるエアコンの助けを借りることなかった。いったん世話になるとクセになり、秋までお付き合いを願うことになるだろう。老朽化した四半世紀前のの製品は、電気も食うだろうが致し方ない。
昔人間は動いている間は勿体ない精神で買換えの時期を逸したし、これからも何年使うかもわからないから今更、効率のよい機種を購入する気もない。
我が家の電化製品は、みんな一昔以上前の製品だ。唯一、掃除機を除いては・・・。
0

2011/6/21  0:12

せめてもの救い  老い



ボクを月に一回くらい夕食に誘ってくれる元同僚が今日も誘ってくれた。
その会社が倒産してから30年近く往き来はなかったが、妻を亡くしたのをしって電話があってから付合いが再開した。同じ職場で苦労した仲間なので、今でもなんでも言える間柄だ。

その彼が口にした。
「山村さんは、顔を見るといつお迎えが来てもおかしくない相をしてるが、頭脳はシッカリしてる」と。

鏡の中の顔は自分ながら老いたなぁと嫌になるが、認知症の兆候が表れていないといわれたがせめてもの救いだと自己満足している。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ