2011/12/4  16:58

薩摩琵琶とピアノのユニットを鑑賞  日記

新進演奏家にライブの場を提供するカフェが多くなってきた。店の休憩時間や閉店後を利用してのライブは定員制になっており、店内の一隅での演奏は真直だけにファンは堪能できる。

今日の午後に出かけた「押上文庫」もそんな店の一軒だ。
出演は「ぐりーんぴーす。」東京音楽大学卒業の同級生による薩摩琵琶(榎本百香さん)とピアノ(伊東麻奈さん)という珍しい組み合わせのユニットである。「ぐりーんぴーす。」の名前の由来を問うたところ二人ともグリーンピースが嫌いだからそうだ。嫌いなものをユニット名にするなんて珍しいがウイットがあって好ましい。

薩摩琵琶の榎本百香さんのファンになったのはマイミクさんということもあったが、童人形な顔立ちからは想像できない語りの迫力に魅せられたからだ。
同級生ということもあって二人の息もぴったりで聴いていて心地よかった。

若い女性に挟まれて写真を撮ることはあるまいと思っていたが、伊東さんに誘われて思わぬ好機に恵まれた。

押上文庫の前で
クリックすると元のサイズで表示します

片道25分を自転車で走って、往路は太腿が痛くなりかけたが帰路はなにも感じなかった。

伊東 麻奈(いとうまな)さんのプロフィール 
兵庫県出身。3歳よりピアノを始める。東京音楽大学付属高等学校を経て東京音楽大学器楽科(ピアノ専攻)卒業。
多くのミュージカルの演奏、学校教材CDのレコーディング、テレビドラマ「花より男子」の演奏シーンの代弾き、元日本フィル首席チェロ奏者高木雄司氏と共演、少年少女合唱団の国内演奏会をはじめ海外演奏旅行に携わる。その他、シンセサイザーを担当するなど幅広く活動している。

榎本 百香(えのもとももか)さんのプロフィール
東京生まれ。東京音楽大学ピアノ科卒業。
在学中に師である鶴田流薩摩琵琶奏者の田中之雄氏の演奏に衝撃を受け、琵琶を始める。NHK邦楽技能者育成会第55期終了。現在アジアの伝統楽器によって構成される、管弦楽団オーケストラ・アジアジャパンのメンバーとして国内外の公演に参加。また演劇との共演、その他イベントでの演奏等、ジャンルを問わず活動中。
([押上de饗宴]のパンフレットより転載)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ