2012/1/17  11:12

鍋のコゲ落とし  日記



一昨日、「あんずとりんご煮」を教えてもらって試しに作ってみた。
目を離してPCに向かっていると部屋中が白霧が漂っている。鍋のなかの煮物が煮え詰まって焦げついている。砂糖を加えたのと中火だったのがいけなかったようだ。ワイドハイターに一晩つけて翌日、沸騰させてみた。底のコゲは綺麗に落ちているが周囲がそのままだったのが気になり、ネットで得た知識で酢を加えた水を沸騰させるとあったのでさっそくためしてみた。ところが、ガスコンロにかけたまま洗濯で側を離れ、気づいた時は鍋の中は空っぽで空焚き状態。綺麗になるはずが一面のコゲでガックリ。
廃棄しなければいけないかと覚悟を決めたが、ケチ心がもたげ出てもう一度焦げ落としに挑戦すべくワイドハイターに一日一晩浸け置いた。

そして今日、3度目のトライ。ダメモト精神で磨きをかけると、なんと9割方は以前の輝きを取り戻すことができて捨てずに済んだ。3,000円ほどの出費が抑えられた。

「ツキ」が回ってきたような新年だったが、コゲのツキとはお粗末なことだ。
この事件でネット仲間にアドバイスを受けられたのは、やはり「ツキ」だろう。感謝。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ