2014/2/20  22:34

昼夜逆転の毎日  日記



フィギュア女子スケートを見終わって床に就いたのが4時半過ぎ。浅田真央の最低の演技を見られたのがこの時間まで起きていた見返りになるとは・・・。

7時半に目覚めたので起きだして洗濯を終えて、朝食を取り終えて読書しているうちに眠りについてしまった。目覚めたのが15時半過ぎだったので6時間は睡眠がとれたようだ。

夕餉に炒め物をと思っていたのだが面倒になり、冷凍の煮魚を解凍して17時に食事を終えた。
今日も23時40分からフィギュア女子スケートのフリーの演技のLIVEがあるので、眠るのは明日の夜明けになるだろう。

昼夜逆転の毎日である。
2

2014/2/20  21:00

生(いきる) (柳美里著)  読書暦

死よ、私からこれ以上何を奪うつもりか…。東の癌の進行は止まらず「余命一週間」と宣告され、生後2カ月のわが子と別離した。そしてレイプ未遂事件。ナゼワタシダケガコンナメニ! 「命」「魂」に続く、慟哭の私記第三幕。 2001年9月刊行
0

2014/2/19  17:19

夕刻まで寝床の中  日記



寝床から起きだしたのが暮色に染まり始めた16時30分だった。

何度目かの携帯メールの着信音で目が覚めて時刻を見ると9時半。商用を済ませ、朝刊をポストから取り、いつもならこれを機に起きるのだが再び布団に潜り込む。その後何度か目覚めたが予定もないのを良いことにウトウトして、起きだしたのが夕刻になった次第だ。

布団の中は自分の体温で暖かい。暖房をつけることもなく、食事をとることもなくひたすら眠っていて暖房費と食費の倹約に貢献できたというものだ。

今日の深夜からフィギュア「女子ショート」のLIVEがあるが、これで朝まで観戦していても睡魔に襲われることはないだろう。
1

2014/2/18  19:29

居眠りしていたのに・・・  日記



オリンピックのLIVE放送は深夜なので寝るのが3時過ぎになる。カーリングの奥の深さにはまって後のない女子カーリングのゲームを最後まで見てしまった。

整形外科の診察とリハビリのために11時に受付してもらった。今日の待ち時間は1時間半程度ということなので、リハビリに20分かかるので後は1時間ほどなのでいったん帰宅はせずに待つことにした。待つことを予測して小説本を持参したが、10分も活字を追うとたまらない睡魔に襲われたので、読書をやめてうとうとしはじめた。名前を3度ほど呼ばれて覚醒した。すっかり根いていたようである。壁の時計を見ると13時。やはり2時間待つこととなったのだ。

15時にヘルパーが来ることになっているので、帰りにスーパーに寄っておでん種を求めて今日の調理としてもらうつもりだある。言われて気づいたのだが、今日のおでんは鍋に移して加熱するだけでよいという。前回の時のメーカーのものは調理が必要だっただけあって、今回のものは似たような価格なのに種類が少ないし、コクがない。

ヘルパーが来る前に米をたく用意をしておこうと思っていたのだが、すっかり失念していた。ヘルパーが帰ってから炊飯の用意をしたので、いつもより夕餉が1時間遅くなって18時になってしまった。

おでんを3日続けて食べるつもりであったが量が少なく、明日でなくなってしまうだろう。
1

2014/2/17  18:53

自転車で一回り  日記



道路の雪は溶解したて平常と何の変わりもない。

確定申告書の提出のために亀戸駅方向に自転車を走らせる。出かけたついでに、給与振込だけに使っていたM銀行の普通預金の解約を済ませてきた。

帰途に例の安い八百屋に寄って、三ケ日みかんの大玉9個298円を預金解約して448円を使って購入した。前回は不味くて落胆したが、今回はまぎれない蜜柑で満足した。みかんは林檎や柿のようにナイフを使うことなく皮が剥けるので手軽でよい。

冷蔵庫の奥に忘れられたように林檎が3個、もうひと月異常転がったままである。
0

2014/2/16  14:36

魂 (柳美里著)  読書暦

日々病魔に冒され、ときに幻覚にさいなまれる東由多加と、その命に寄り添う著者の約2ヶ月間にわたる壮絶な癌闘病を核とする物語。『週刊ポスト』連載の単行本化。「命」の続編。 2001年2月刊行
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ