2015/2/10  19:46

宵待ち月 (小杉健治著)  読書暦

長屋の大家が、人目を避けるように暮らす浪人を見かけたという。素性を探るために出かけた文吾のまわりに、口入れ屋の大黒屋が雇った殺し屋「闇鳥」の影がつきまとい…。下町人情事件帖シリーズ第4弾。 2014年12月刊行
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ