2016/1/31  1:47

エレベータの工事で不便になる11日間  日記



 居住している号棟は南北に200mに伸びる号棟ている。中央に渡しがあり南側と北側に分かれており、2階から14階までが居住区域になっている。各階の中央に廊下があり両側に32軒づつ並んでいるのでこの号棟には832世帯が生活できるようになっている。居住している12階から利用できエレベーターは南に3基、北に2基ある。通常は居室から10mのところの北側を利用している。

 ところが、1月30日から2月9日までの11日間は改修工事で2基とも昼夜連続で停止してします。その間は北のエレベータを使わざるを得ない。北のエレベーターホールまでは90mほど離れている。とても歩いて往復しきれない。

 外出の足は自転車なので違反だけど、廊下を走らざるを得ない。9階から14階までの住人が利用するのだから混雑を避けなければならない。

 それにしても11日間は長く頭が痛い。
0

2016/1/28  18:14

便利な経路発見  日記



 これまで新橋の第一ホテル東京に行く経路は、都営新宿線−JR総武線(快速)を利用していたが、新橋の地下ホームから出口までの距離の長さにげんなりしていた。そこで往復とも都営新宿線−都営三田線で内幸町で降りてホテルまで250mほどを歩いてみた。これまでの経路より断然ラクで、時間も短縮できた。

 主催するランチ会には絶対に遅刻はできない。1時過ぎに床に就いたが「寝過ごし」が気になってか寝付けない。眠ったという実感もないままま微睡いていたのか7時30分に目覚時計で起着ることができた。ランチ会の日は無意識のうちに緊張しているのか安眠できない。

 今回もブッフェの料理台で選ぶことなく、隣席の女性が気配りをしてくれて迷惑をかけたようだ。ありがたいことである。今回は女性13名、男性7名の20名の2時間の会食であった。
1

2016/1/27  15:22

完本信長私記 (花村満月著)  読書暦

なぜ、実弟・信行を殺さねばならなかったのか。なぜ、本願寺との戦いを続けたのか。なぜ、松永弾正の裏切りを許したのか…。全ての謎の答えは「信長の日記」にある。時代小説。『小説現代』連載を単行本化。 2015年12月刊行
0

2016/1/26  23:04

歯科に出かけた  日記



歯科の予約を昨日までキャンセルしようかと迷っていたが、昨日の外出で厳しい寒さ出なかったので治療に出かけた。

2時間近く治療椅子に座る羽目になったが、した歯茎の傷の治療と上義歯の外れやすさを調整してもらって、久々に不安なく夕餉をとることができた。

厚着で出かけたからか地下鉄の中は暑くかんじた。
1

2016/1/25  21:40

寒さに慣れたぞ  日記



 寒い朝だ。こんな日は一日布団で眠っていたいのだが、内科と整形外科の診察日でそうはいかない。8時半に目覚時計で起こされた。

 新しい内科の混雑具合が判らないので10時にドアを開けた。待っている患者は1名だけで30分後には、整形外科に行くことができた。ここもいつもの混雑具合の半分に満たない。寒さで患者の出足が遅いのだろうか。受付とリハビリを済ませて自宅待機をしていると予想より早く正午過ぎに連絡があった。

 風が強くて自転車を漕ぐのに苦労した。

 寒さ慣れして、明日は西巣鴨の歯科に治療に出かける勇気が出た。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ